雪闇へと去りゆく

夕方になっていちだんと激しく降り始めた雪の中、
江津行上り列車がゆっくりと駅から去っていく。
テールランプの赤い灯を残して...。

d0309612_23230031.jpg

三江線 木路原~竹


# by tongpooryk | 2018-02-13 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

冬の夕空

寒さが少し緩んだ日の夕空。
しかし、夕焼け色に青みがあるのが、なんとも寒い冬らしい。
列車のテールランプがよりいっそう引き立つ時間に。

d0309612_22314599.jpg

三江線 乙原~石見簗瀬






# by tongpooryk | 2018-02-12 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

三瓶を望む

夕方の上り列車を、三瓶山を望みながら...。

少し寒気が緩み、日中は青空も広がったこの日。
顔を出した三瓶は雪をまとい、いつになく存在感を増していた。

d0309612_00470851.jpg

三江線 明塚~粕淵


# by tongpooryk | 2018-02-11 00:48 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

氷柱の輝き

氷柱の下がるトンネルの向こうから、列車の灯りが射して...。

今週の寒さを物語るかのような大きな氷柱。
今朝から少し暖かくなり、冬の中休みだが、
また週明けから寒さが戻って来そうな雰囲気で...。

d0309612_22363289.jpg

三江線 石見川越~鹿賀


# by tongpooryk | 2018-02-10 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

ラッセルが走った峠道

三井野原の峠道を下りてきたDE15のラッセル列車。
これももう過去のものとなってしまった。

長期運休が続く木次線だが、もし車体が重いこのラッセル列車が現役なら、
運休も最小限で済んだかもしれないと思うのは私だけではないはずだ。
もはや、ないものねだりな訳だが...。

d0309612_21095505.jpg

木次線 出雲坂根~三井野原


# by tongpooryk | 2018-02-09 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

雪の出雲平野を

雪の出雲平野をゆく一畑電車2100系。
これは3年前の冬、よく一畑へと撮影に通っていた頃の写真。

一畑オリジナル色をまとった元京王電鉄5000系だが、
とうとう引退の時が近づいているようだ。
薄黄色にブルーのラインというシンプルな色は、
一畑電車の中でも好きな色だっただけに少し残念だが...。

d0309612_23403135.jpg

一畑電車大社線 高浜~遙堪


# by tongpooryk | 2018-02-08 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

吹きすさぶ

この冬一番の寒気が降りてきた。
三江線沿線でも積雪量が増えてきているようだが、
とにかく今回の寒気は寒い。

せっかく浜原まで開通した三江線。
今日も無事に運行してくれることを祈りたい。

d0309612_22093943.jpg

三江線 石見簗瀬


# by tongpooryk | 2018-02-07 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

尾灯を照らしながら

尾灯を照らしながら、
まだ明けきらぬ山の方へと去りゆく一番列車。
凍てつく朝の、ほんのわずかなぬくもりを、
列車の紅い尾灯に感じつつ...。

d0309612_23102577.jpg

三江線 鹿賀~因原


# by tongpooryk | 2018-02-06 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

雪のやんだ駅で

雪のやんだ朝。
まだ明けきらぬ鹿賀駅に佇む単行ディーゼルカー。
また寒気が強まる週明けになりそうだが、
三江線が再び運休とならないことを願うばかりだ。

d0309612_00023230.jpg

三江線 鹿賀


# by tongpooryk | 2018-02-05 00:03 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

始発前の始発駅

雪の朝、始発前の江津駅3番ホームで佇む三江線のディーゼルカー。
山陰本線の始発列車とともに、アイドリング音が響く。
今日から寒気が再び強まるというが、どうか事故なく無事の運行を祈りたいものだ。

d0309612_23501146.jpg

三江線 江津


# by tongpooryk | 2018-02-04 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)