<   2019年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

夏の青空

青空が広がった午後の列車の時刻。
晴れながらも雲が多い日に、
列車の通過する時間だけは...奇跡的に太陽が顔を出した。

夏の青空_d0309612_01035767.jpg
芸備線 道後山~備後落合

by tongpooryk | 2019-08-11 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

昼下がりの向日葵

夏の昼下がりに、向日葵が花を広げて勢いよく咲く。
萎えそうなくらいの暑さの中で、
少しだけ元気をいただいた時間。

昼下がりの向日葵_d0309612_01015698.jpg
芸備線 備後西城

by tongpooryk | 2019-08-10 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

午後の駅に

暑い昼下がり。
駅へと、学生たちが次々と集まってくる。
しかし、いつもなら来るはずの列車がいつまでたってもやって来ない。
どうやら...線路まわりの温度が上がり過ぎて、
列車の運転ができなくなってしまったらしい。

午後の駅に_d0309612_00570062.jpg
木次線 出雲横田


by tongpooryk | 2019-08-09 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

アサガオの咲いた

アサガオの咲いた駅へと、朝最後の列車がやって来る。
しかし今年の夏は...日陰にいてもなんだか暑く感じるのは気のせいだろうか...。

アサガオの咲いた_d0309612_00520293.jpg
芸備線 備後西城

by tongpooryk | 2019-08-08 00:52 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

8月6日の夜

74年目を迎えた8月6日。
元安川と本川が分かれる、
かつて原爆投下の標的となった相生橋から。

この日の夜ここにいると、外国人観光客を含めて、
いろんな人が代わる代わるにやって来て、
流れる灯篭を眺めては、写真を撮って去ってゆく。
この灯りを綺麗だと感じるのが良いかどうかは別として、
かつてここでたくさんの方が亡くなられたことを思うと、
やはりそれは鎮魂の灯と受け止めなければならないだろう。

毎年、この日から終戦の日にかけて、いろんなことを考える私だが、
平和であることのありがたみと、
かつてここで起きたことをこれからも忘れずにいようと...。

8月6日の夜_d0309612_23290617.jpg

広島電鉄本線 原爆ドーム前~本川町

by tongpooryk | 2019-08-07 00:01 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

蓮の花が開く

桃色の蓮花が開く夏の朝。
早い日の出とともに、
いつもの一番列車が駆けてゆく...。

蓮の花が開く_d0309612_00191605.jpg
伯備線 岸本~伯耆大山


by tongpooryk | 2019-08-06 00:19 | 伯備線 | Trackback | Comments(0)

向日葵畑満開

友人からの向日葵畑満開の知らせに引き寄せられるように...。
大山の麓へと向かった朝。
少し霞ながらも青空が広がる中で、
一面に、そして見事に咲きそろった向日葵たちが私を迎えてくれた。

向日葵畑満開_d0309612_19412435.jpg
伯備線 岸本~伯耆大山

by tongpooryk | 2019-08-05 00:01 | 伯備線 | Trackback | Comments(0)

朝の雫

朝露に濡れた田んぼに朝陽が射してきた。
また暑い1日の始まりだが、まだ朝のうちの日陰は少しは涼しく...。

朝の雫_d0309612_22302782.jpg
芸備線 備後落合~比婆山

by tongpooryk | 2019-08-04 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

朝陽が昇る頃に

あたりが黄金色に輝き、朝陽が昇って来る頃に...。
これまでに何度も行った場所でも、
朝陽のこの瞬間は、いつも清々しくなる。

朝陽が昇る頃に_d0309612_23221486.jpg
芸備線 内名~小奴可

by tongpooryk | 2019-08-03 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

夏の海を

夏の折居の海岸を行く、赤いディーゼル機関車。
晴れが続く予報と青い空を見ると、
日本海が無性に恋しくなる。

夏の海を_d0309612_00074009.jpg

山陰本線 折居~三保三隅

by tongpooryk | 2019-08-02 00:08 | 山陰本線 | Trackback | Comments(0)