<   2019年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

晴れ始めた朝に

晴れ始めた朝。
水を湛えた田んぼの広がりは、
まだ雲の多い空を映し出す。

晴れ始めた朝に_d0309612_06451763.jpg
木次線 下久野~出雲八代

by tongpooryk | 2019-05-21 06:46 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

It'll be a fineday...tomorrow

久しぶりの雨は、夕方にかけて土砂降りに。
夜にかけての雨は、昨夏のこともあって、なんだか嫌な気分になるのだが、
翌朝からの晴れ予報に少し安堵しながら...。

It\'ll be a fineday...tomorrow_d0309612_00452387.jpg
広島電鉄横川線 横川一丁目

by tongpooryk | 2019-05-21 00:46 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

栴檀の花香る

栴檀の花が香る季節に...。

梅雨入り前の川辺で紫色の花を咲かせる栴檀の樹。
この時期に川沿いを散歩すると、
この樹の近くから漂ってくるなんともいえない上品な香りから、
梅雨入りが近いことを感じる。

街のあちこちに見られた栴檀の樹も、
ここ数年の護岸工事の際に伐採され、すっかり少なくなってしまった。

栴檀の花香る_d0309612_23285447.jpg
広島電鉄横川線 横川一丁目




by tongpooryk | 2019-05-20 00:01 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

大通りの木陰で

晴れた日の朝。
平和大通りの木陰から、行き交う路面電車を眺めながら過ごす。
いつもの朝の風景の中で...。

大通りの木陰で_d0309612_12311928.jpg
広島電鉄本線 西観音町

by tongpooryk | 2019-05-19 12:33 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

夕空を映し出す

夕空を映し出す水田がまるで鏡のように...。
だんだんと曇ってきた空も、日没頃に再び鮮やかさを取り戻すことがある。
まさにその瞬間があるからこそ、あきらめて帰る訳にはいかないのだ。

夕空を映し出す_d0309612_00244081.jpg
芸備線 塩町~神杉

by tongpooryk | 2019-05-19 00:25 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

大島からの遠望は

周防大島から瀬戸内海を遠望する。
なんだか久しぶりに見る黄色い115系電車。
しかし、瀬戸内海沿いのこの絶景は相変わらずで...。

島の断水は解消したものの、事故直後のまま橋から垂れ下がったままだった水道管は撤去され、
少しずつだが、本格的な復旧へと向かっているようだった。

大島からの遠望は_d0309612_22243911.jpg

山陽本線 神代~大畠

by tongpooryk | 2019-05-18 00:01 | 山陽本線 | Trackback | Comments(0)

山間にこだまする

山間にこだまする一番列車の音とともに、
お寺の鐘が鳴り響く...。
日が長くなってきた初夏の朝。
しかし、もうそこに列車がやって来ることはない。

山間にこだまする_d0309612_00420342.jpg
三江線 浜原~沢谷

by tongpooryk | 2019-05-17 00:42 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

田植えが続く

田植えが続く朝、
上り一番列車がゆっくりとやって来る。

やがて植えられた早苗が育って青々となる頃には、
清々しい空気は蒸し暑さへと変わりゆくのだろう。

田植えが続く_d0309612_22394746.jpg
木次線 油木~備後落合

by tongpooryk | 2019-05-16 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

新緑と藤花と

新緑の黄緑の中で、
薄紫の藤花が映える昼下がり。
今年は藤が少し遅く、新緑との旬な共演がなかなか見られなかったが、
それでも...少しだけだがその共演を楽しむことができた。

新緑と藤花と_d0309612_21593748.jpg
木次線 日登~下久野

by tongpooryk | 2019-05-15 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

黄昏の江の川

黄昏時。江の川の流れの流れとともに...。

日が長くなってくるこの時期には、よくこの場所で撮影していた。
山に囲まれた土地ゆえ、江の川沿いで三江線とともに夕陽を拝める場所は限られる訳だが、
夕景の中での川の流れは特に美しく、夕方になるといつもそれを求めて彷徨っていたように思う。

黄昏の江の川_d0309612_06320483.jpg

三江線 口羽~江平

by tongpooryk | 2019-05-14 06:32 | 三江線 | Trackback | Comments(0)