<   2018年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

帰ってゆく

帰ってゆく列が並び、
そして次々と電車へと乗り込んでゆく。
それぞれが家路を急ぐ冬の夜に...。

帰ってゆく_d0309612_01032368.jpg
広島電鉄横川線 横川駅

by tongpooryk | 2018-12-15 01:03 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

夕刻の横川駅

夕刻の横川駅を出発する、元大阪市内電車900型。

最近、旧型電車を見かける頻度が少なくなったと感じていた。
どうやら先月末から新型が増え、出番が減っているようだ。

床の低い新型は乗りやすく快適ではあるが、
やはり旧型の方が趣があって良いなと思うのは私だけではないはずだが...。

夕刻の横川駅_d0309612_00114341.jpg
広島電鉄横川線 横川駅


by tongpooryk | 2018-12-14 00:13 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

夜の街を後に

夜の街を後に、家路を急ぐ。
仕事帰りにたまたま乗車した白島から直通の江波行電車。
元京都市電の旧型車が、吊り掛けモーターの音高らかに、
私たちを送り届けてくれる。

夜の街を後に_d0309612_22551185.jpg
広島電鉄本線 十日市町~土橋

by tongpooryk | 2018-12-13 00:01 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

雪の降り続く駅で

夕方の乙原駅へ立ち寄った時のこと。
夕方になって雪がより激しく降り始めた中で、
駅のホームへと、上がっていく人影が見えた。
もうすぐやって来る夕方の上り列車が着く前に、
階段とホームに積もった雪を掻いている様子。

こうした営みも、鄙びたとはいえ、ここに駅があるからこそ。
この冬、その施設自体は残されているが、
もう雪掻きをする方はいないだろう。

雪の降り続く駅で_d0309612_23250072.jpg
三江線 乙原

by tongpooryk | 2018-12-12 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

雪の止んだ朝に

前の夜から降り続いた雪が止み、
晴れ間も出始めた朝。
列車は少し遅れながらも、
井原市駅へとやって来た。

ここへもしばらく列車が来ていないが、
少しでも早い運転再開を望みたい。

雪の止んだ朝に_d0309612_06274788.jpg
芸備線 井原市

by tongpooryk | 2018-12-11 06:29 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

初雪の季節に

各地でこの冬一番の冷え込みとなったこの週末。
中国地方でも初雪の便りが届いた。

ここ志和口駅には、まだしばらく列車がやって来そうにないが、
次の冬が来る頃には、またいつもの芸備線に戻っているだろうか...。

初雪の季節に_d0309612_23130851.jpg
芸備線 志和口



by tongpooryk | 2018-12-10 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

停車の間に

ラッセル列車が出雲坂根駅に着き、出発するまでの間に...。

木次線にまだDE15のラッセル列車が走っていた冬。
これを目当てに何度も早起きしたものだった。
今でも、雪予報が出た朝は早起きして現地へと向かう訳だが、
この頃の気合いの入れ方は、より強かった気がする。

停車の間に_d0309612_22231649.jpg
木次線 出雲坂根

by tongpooryk | 2018-12-09 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

降り積もった峠を

降り積もった峠道を下っていく朱色ディーゼルカー。
これは5年前の年末の頃のもの。
今回の寒気でどのくらい積もるのかはわからないが、
まだ冬は始まったばかり。
降り過ぎない雪を望みたいものだ。

降り積もった峠を_d0309612_23395760.jpg
木次線 三井野原~油木


by tongpooryk | 2018-12-08 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

寒気が来る

寒気がやって来る。

今晩から少し冷えてきているが、
この週末にかけて一気に気温が下がるようで...。

いよいよ冬本番を迎える中で、
ここへ再び列車がやって来るのも待ち遠しい。

寒気が来る_d0309612_23261760.jpg
芸備線 備後落合~比婆山





by tongpooryk | 2018-12-07 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

いつもの朝の改札口

いつもどおりの朝。
矢神駅の改札へと向かう通学の客。

県境をまたいで岡山県側へと入ると学生客が見られるようになる。
朝は新見へと近づくにつれて少しずつ学生の乗客が増えてゆくと言えばよいだろうか。
山間部ではもう生活感がないようにも思える芸備線だが、
このあたりではまだ学生の足として生きているローカル線を感じることができる。

いつもの朝の改札口_d0309612_23421553.jpg
芸備線 矢神

by tongpooryk | 2018-12-06 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)