<   2018年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

山の間を縫うように

山の間を縫うように、町と町とを繋いでいく線路。
今日も朱色のディーゼルカーが走っていく。

かつては山陰へと向かう列車が行き交った芸備線の賑わいも、
今では、広島から三次までが辛うじてその面影を残す。
だが、正直、この10年でさらに寂しくなってしまった印象。

この辺りで朝の長い編成の列車を見ていると、少しだけ安堵はするのだが...。

d0309612_22371940.jpg
芸備線 井原市~志和口

by tongpooryk | 2018-05-31 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

青空を仰ぎ

青空を仰ぎたくなる季節。
梅雨時期になると、曇や雨の日が多くなり、
なかなかすっきりした青空とはいかなくなる。
ついつい、ないものねだりをしたくなるのだが...。

d0309612_00032939.jpg
三江線 鹿賀~因原


by tongpooryk | 2018-05-30 00:04 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

あやめの咲く高原で

JR西日本で最も標高が高い三井野原駅近く。
咲き始めたあやめに季節の巡りの早さを感じつつ、
午後の上り列車の灯りを出迎えた。

d0309612_22001080.jpg


木次線 三井野原




by tongpooryk | 2018-05-29 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

森の中の輝き

森の中を抜けてきた列車の灯は、
レールに輝きを与えて...それは線路が生きていた証。

廃止から2か月。
その線路は錆び、すっかり輝きを失った。

d0309612_21355401.jpg
三江線 木路原~竹



by tongpooryk | 2018-05-28 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

除虫菊の白い花

除虫菊の白い花が咲く午後。
今年は季節の廻りが早いせいか、いつもよりも早く満開になった除虫菊だったが、
名のとおり、その強い匂いは相変わらずで...。

d0309612_00333016.jpg
芸備線 比婆山~備後西城

by tongpooryk | 2018-05-27 00:33 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

雲の造形

天気が良いのは嬉しいのだが、
雲一つない空は少し物足りないと思うのが正直なところ。
私的には...少し雲があるくらいの青空が、空に表情があって好みなのである。
逆に、そんな空の造形に陽が遮られ、残念な思いになることもある訳だが...。

d0309612_23322844.jpg
木次線 八川~出雲坂根

by tongpooryk | 2018-05-26 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

5月の風そよぐ

春の風そよぐ日に、鯉のぼりが舞う。

5月も終わりに近づいた週末。
青空のもとで、強く吹く風を感じながら...。

d0309612_07093800.jpg
木次線 出雲横田~八川


by tongpooryk | 2018-05-25 07:10 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

朱色が顔を出した

新緑の季節には毎年のように立つこの場所。
言わずと知れた木次線の定番ポイントだが、
今年はここで朱色のディーゼルカーをあまり見かけなかった。
少し緑が濃くなってきた先週末、ようやく...やはり新緑には昔馴染みのこの色が良く似合う。

d0309612_21511708.jpg
木次線 油木~備後落合




by tongpooryk | 2018-05-24 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

青空を見上げながら

5月も終盤だが、暑さとは無縁な爽やかな午後。
昼前から急速に回復した青空のもと、
午後の2両編成を出迎える。
今日は珍しくも朱色の2連が駆け抜けていった。

d0309612_20481955.jpg
木次線 亀嵩~出雲横田

by tongpooryk | 2018-05-23 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(4)

なかなか晴れが来ない空を

朝から晴れの天気予報だったのに、
空を覆うのは灰色の雲。
その空を映し出す田んぼには、
植えられたばかりの、小さな黄緑の稲穂。

それはそれで...初夏の頃の、不安定な天気の雰囲気が漂って...。

d0309612_21495017.jpg
木次線 木次~日登


by tongpooryk | 2018-05-22 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)