<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

早かった八重桜

今年は早かった八重桜の満開。
ここ出雲坂根の八重桜も、いつもより1週間以上早い満開だった...。

これは今年のGW前半の写真だが、八重桜はもう散った後。
昨年も同様に、いつになく早い満開だったが、
今年は特に早く、どこの八重桜もソメイヨシノの翌週には満開を迎えていった。

ソメイヨシノから深緑まで、一気に駆けていった今年の春。
刹那な季節は足早に過ぎてゆく...。

早かった八重桜_d0309612_02861.jpg

木次線 出雲坂根

by tongpooryk | 2016-05-11 00:05 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

春の筋雲を見上げて

春の筋雲の広がる青空を見上げて...。

晴れていた空も、広がる筋雲で少しずつ曇り空へと変わっていった。

春の筋雲を見上げて_d0309612_174432.jpg

三江線 式敷

by tongpooryk | 2016-05-10 01:08 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

田植えのあとで

田植えのあとで、1つ1つ確認しながら少しずつ苗を補っていく...。

三江線の沿線でも、少しずつ田植えが始まっているが、
水を湛えた田んぼの側で、こうした作業を見ることができるのもまた、
撮影に出かける楽しみの1つ。
もちろん、作業をされている方々と、何気ない話をするのも...。

田植えのあとで_d0309612_075594.jpg


三江線 浜原~沢谷

by tongpooryk | 2016-05-09 00:15 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

新緑の山々へと

新緑に彩られた山々をくぐりぬけて、
ループ線を登ってゆく単行ディーゼルカー。
この峠道にも、ようやく萌の季節がやってきた。

今年の新緑もいよいよ最終章。
この春は一気にやって来て、
そして駆け足の如く過ぎ去っていくようで、
なんだか、季節が一気に初夏へと移っていくような、そんな雰囲気。

新緑の山々へと_d0309612_22394748.jpg

木次線 出雲坂根~三井野原

by tongpooryk | 2016-05-08 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(4)

残照の時刻に

ようやく...残照の式敷駅へと到着した下り列車。

強風で最大で2時間近くの遅れとなった、この日の三江線。
夕刻の列車も、日中の遅れと徐行運転の影響から、1時間遅れでやって来た。

式敷の到着は19時20分。
ちょうど残照が綺麗な時間に...。

いつもよりも遅くなった分、
より艶やかな式敷の夕景が、
いつもの列車を出迎えた。

残照の時刻に_d0309612_117369.jpg

三江線 式敷

by tongpooryk | 2016-05-07 01:19 | 三江線 | Trackback | Comments(4)

藤の花をかすめて

藤の花をかすめて、ディーゼルカーがいつになくゆっくりと...。

この日は強風による徐行運転が行われた影響で、
三江線でも最大2時間近くの遅れが発生した。

高規格な線路のこの区間は、普段の列車なら高速で駆け抜けていくのだが、
この日はゆっくりゆっくりと、
行く手を確かめるかのごとく、列車はやってきた。

藤の花をかすめて_d0309612_0501762.jpg

三江線 石見松原~石見都賀

by tongpooryk | 2016-05-06 00:51 | 三江線 | Trackback | Comments(4)

水田に風吹く

三江線沿線でも田には水がはられ、田植えの準備が着々と。

春の風が吹き抜ける中、波立つ水面を眺めながら...。
しかし、昨日の風は少しばかり強過ぎた。

水田に風吹く_d0309612_791223.jpg

三江線 式敷~信木

by tongpooryk | 2016-05-05 07:10 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

雨上がりの夕焼け

本当によく降った昨日の雨。
昼前から降り始め、昼下がりには土砂降りに。

しかし、降り続いた雨も夕方には止み、
夕暮れ時には西の空が明るくなり始め、
みるみるうちに、それはそれは綺麗な夕焼け空に...。

買い物に出ていて、その時をしっかり観ることができた私は、
とっても得した気分になったのは言うまでもない。

雨上がりの夕焼け_d0309612_21424621.jpg

広島電鉄本線 小網町

by tongpooryk | 2016-05-04 00:01 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

芽吹くスイッチバック

朝の斜光線の中、
萌芽色に彩られたスイッチバックを、
ゆっくりゆっくりと上ってきた、木次線の単行ディーゼルカー。

森の中、円弧を描きながら進んでゆく坂道が、
1年でいちばん華やぐ季節。

木々の黄緑色に、生命の力を感じつつ...。

芽吹くスイッチバック_d0309612_01840.jpg

木次線 出雲坂根~三井野原

by tongpooryk | 2016-05-03 00:02 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

陽が射し始める前に

日中は20℃を超える予報が出ていたが、
陽が昇る前、道路の寒暖計は2℃。

寒さに耐えながら、まだ朝陽が射しきらない谷で始発列車を待つ。

やがて踏切の音とともに、ディーゼルカーのヘッドライトが見え始めた。

陽が射し始める前に_d0309612_027504.jpg

芸備線 内名~小奴可

by tongpooryk | 2016-05-02 00:28 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)