<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

雨の日の古豪

雨の日の朝、西広島からやって来た古豪762。
元大阪市電のこの車両の生まれは被爆電車650よりも2年早い、昭和15年。
現役の広電の車両の中ではいちばんのお年寄り。

色以外の見た目や、内装が木でできているところなど、
被爆電車ととてもよく似ているが、実は車体が1mほど長い。

そんな戦前生まれの750型も、とうとうこの762が最後の1両になってしまった。

d0309612_21295717.jpg

広島電鉄本線 土橋~小網町

by tongpooryk | 2015-08-21 00:01 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

夏の日の朝に

夏の日の朝、暑くなり始めた日ざしを受けながら...。
昨日に続いて、朝の602。

晴れの日が多かった8月だが、昨日から久々に雨模様に。
週末には再び日ざしが戻ってくるのだろうか...。

d0309612_2354271.jpg

広島電鉄本線 本川町

by tongpooryk | 2015-08-20 00:01 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

爽やかな朝に

久しぶりに爽やかに晴れ渡った朝。
昨日のはそんな朝だった。

昨日と比べても晴れの日は多かった今年の夏だったが、
朝の風を心地よく感じたのは、なんだか本当にしばらくぶりな気が...。

カメラ片手に広電で通勤。
いつもより1つ手前で降りたら...なんと元北九州602の姿!
なんだかちょっと得した気分。

d0309612_22514364.jpg

広島電鉄本線 本川町~十日市町

by tongpooryk | 2015-08-19 00:01 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

夏空が広がる中を

夏空が広がる午後、油木へと上って来た朱色ディーゼルカー。

少しは涼しくなってきたとはいえ、まだまだ残暑は続きそうで...。

d0309612_22563919.jpg

木次線 油木~備後落合

by tongpooryk | 2015-08-18 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

紅い光の時間

私にとって、お盆時期の定番、夕方の本川町。

西陽のギラギラした時間が過ぎ、日没の少し前頃になると、
弱まる光の中での、紅いトワイライト・タイムになる。

小さな雲に少しだけ遮られた後に再び顔を出した太陽は、
いつもよりも紅く、そして印象的な演出を施しつつ、西へと沈んでいった。

d0309612_17331989.jpg

広島電鉄本線 本川町~十日市町

by tongpooryk | 2015-08-17 00:01 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(4)

被爆柳のたもとで

被爆柳の樹の袂を駆けてゆく、復刻被爆電車653。

終戦の日の昨日、夕刻に被爆電車の回送をここで待っていると、
年配の女性が声をかけてこられ、少し話を聞かせてもらった。

その方は、戦前からこのあたりに住んでおられ、7歳の時に被爆を経験されたとのこと。
これまでは、当時のことについて語ることはあえてしなかったそうだが、
昨年頃から、ご自身の被爆体験について残していこうと、活動されているそうである。

「熱中症に気を付けて。しっかり記録して帰ってくださいね。」
と、やさしい笑顔を残し、ゆっくりと帰って行かれた。

d0309612_16723.jpg

広島電鉄皆実線 比治山下~比治山橋

by tongpooryk | 2015-08-16 01:09 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

相生橋を渡ってゆく

原爆ドームのたもと、相生橋を渡ってゆく復刻被爆電車653。

この相生橋は、橋の真ん中で道が分かれたT字の形になっており、
まさにそこが、70年前の原爆投下の目標となったのはよく知られた話である。

太平洋戦争が終戦を迎えて70年目の今日だが、
改めて、戦争の悲惨さと平和のありがたさを考える1日にしたい。

太平洋戦争の時代を生きてきた人たちが刻々と高齢化していく中で、
あの時代にどんなことがあったのかを、目をそむけずにしっかりと受け止め、
次の時代へと引き継いでいかなければと切に思う。

d0309612_2236764.jpg

広島電鉄本線 原爆ドーム前~本川町

by tongpooryk | 2015-08-15 00:01 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(0)

夏の朝露に濡れて

朝露に濡れた青い稲の中を、今日も始発列車がやってきた。

真夏の朝、まだ暑さはさほどでもなく、
清々しさを感じる空気の中で...。

d0309612_222634.jpg

芸備線 備後西城~平子

by tongpooryk | 2015-08-14 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

朝靄の中から

夏の朝、少し靄がかかった中からやってきた単行ディーゼルカー。

列車が1日にわずか6本しかやって来ない超ローカル線。
そんな中国山地の朝は、この列車とともに始まる。

d0309612_21564447.jpg

芸備線 内名~小奴可

by tongpooryk | 2015-08-13 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

キバナコスモスの季節

満開のキバナコスモスの中を駆けてゆく、木次線の朱色ディーゼルカー。

キバナコスモスは、夏の終わり頃から咲き始める‘残暑の花’という印象があるが、
今年はなんだか少し早いような気がする。

毎日暑く、まだ真夏のような気がするのだが、
言われてみると...暦の上ではもう‘立秋’は過ぎ、
‘暑中’が‘残暑’へと変わったのだから、秋は確実に近づいてきている。

まだまだ厳しい‘残暑’は続きそうではあるのだが...。

d0309612_2245271.jpg

木次線 八川~備後落合

by tongpooryk | 2015-08-12 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(2)