<   2014年 03月 ( 46 )   > この月の画像一覧

花の駅

桃とレンギョウ、そして...。
旧可部線の安野駅は、線路があった時代から
‘花の駅’として知られた場所だった。

4月の初旬になると、桃とレンギョウと桜が咲きそろい、
赤と黄色とピンクという3色で彩られる駅と列車の組み合わせを狙って、
毎年たくさんのカメラマンで賑わった。

私も毎年のようにここへ通い、シャッターを切ったが、
通い始めた頃は桜が若干遅く、桃とレンギョウだけで撮影したこともあった。

花の駅_d0309612_8204810.jpg

旧可部線 小河内~安野

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2014-03-16 08:22 | 旧可部線 | Trackback | Comments(2)

知床の流氷とウナベツと

知床の流氷とウナベツ岳とそして...。
この贅沢過ぎるロケーションを求めて、亡き父と2人で雪の丘をかけ上り、
そしてたどり着いたオホーツクの海辺。
天気は快晴で、運よく流氷も接岸しており、まさに絶好の状態。

ほっとひと息つこうと思った瞬間、知床のたもとから見えた列車のヘッドライト。
慌ててカメラをセッティングして、なんとか間に合った。
15年前のちょうど今の時期。北の大地で。

知床の流氷とウナベツと_d0309612_23424369.jpg


釧網本線 止別~知床斜里

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2014-03-16 00:01 | 北海道の鉄道 | Trackback | Comments(0)

雪の日の遠望

雪の日の朝、まるで水墨画のような風景を遠望しつつ...。

四季を通じ、幾度となく通った神の倉山。
この日は比較的雪が少なかったことから、車でなんとか頂上までたどり着け、
一面の雪景色を拝むことができた。

芸備線の志和口から井原市の向原側まで遠望できるこの場所、
晴天で抜けの良い日でないと、なかなか霞んで思うように見渡せないのだが、
この日はなんとか雪も止み、きりっとした空気の中でのモノトーンな冬景色を味わうことができた。

雪の日の遠望_d0309612_2344636.jpg

芸備線 井原市~志和口

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2014-03-15 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

夜行列車を見送る

今晩は特急‘あけぼの’の最終日。
沿線では、見送りの人たちで大変な賑わいになるのだろう。

昔ながらのブルートレインとしては、最後の生き残りの列車で、
私的にも残念ではあるのだが、
さほど馴染みのない列車をわざわざ出かけて行って撮りに行く気もしないので、
廃止になると知ってても、ずっと静観していた。

で、私が幼い頃から見送ってきたブルートレインの後ろ姿は、
この2本線の帯が入った(今は3本)ひと昔前の姿であるが、
今更ながら、‘あけぼの’の後ろ姿を、この‘あさかぜ’同様、
きちんと撮影しておけば良かったと思っても後の祭。

夜行列車を見送る_d0309612_2141989.jpg

東海道本線 名古屋

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2014-03-14 22:13 | 夜行列車 | Trackback | Comments(0)

白煙を残して

三脚を素手で触れないくらい冷えた朝。
しばらく停車していた列車が発車合図とともにようやく発車した瞬間、
エンジン音とともに、ディーゼルカーの白い煙が大きく立ち昇った。

白煙を残して_d0309612_23304232.jpg

芸備線 狩留家

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2014-03-14 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

始発の‘彗星’

妻と日南へ出かけた時のこと。
前日の夜に広島を発ち、その日は別府で泊、翌朝の一番列車で南宮崎を目指した。
実はこの時の一番列車は特急‘彗星’。
関西発のブルートレインだが、日豊本線の始発特急列車も兼ねていたことから、
寝台のベッドも、自由席券で利用できた。

ただ、たった4両しか客車がない‘彗星’は、
かつて何往復もの列車があり、それぞれ10両以上の編成を連ねていた
往年の姿と比べるとあまりに寂しく、
子供の頃私が憧れていた時代の面影はもうなかった。

始発の‘彗星’_d0309612_22184758.jpg

日豊本線 延岡

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2014-03-13 22:17 | 夜行列車 | Trackback | Comments(0)

少し早い菜の花

今から12年前の3月、妻と2人で日南線へと出かけた。
3月も中旬になると、九州南部はすっかり春の装いでとても暖かく、
その分、花粉症がかなりひどかった記憶がある。

マスクをしながら晴天の中走りつつ、観光・撮影と明けくれた日の夕刻、
福島今町駅近くで見つけた菜の花畑。
この頃はここ九州でもキハ58がまだ現役だった。

少し早い菜の花_d0309612_21203996.jpg

日南線 串間~福島今町

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2014-03-13 21:23 | 九州の鉄道 | Trackback | Comments(0)

冬の朝焼け

雪予報に誘われ、早朝の向原を目指して走ったものの...。
雪は降りもしなければ、積雪もゼロ。
が、東の空を見ていると、少しずつ紅みをおび始めた東の空。
やがて現れた列車の灯は、レールを明るく照らし出した。

雪こそ降らないが、凍えるほど寒く冷えた冬の朝は、
今静かに幕を明けた。

冬の朝焼け_d0309612_21405027.jpg

芸備線 向原~井原市

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2014-03-13 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(4)

夏の富海‘あさかぜ’

富海の海岸をゆく特急‘あさかぜ’。
日の長い夏至の頃になると、夕刻の上り‘あさかぜ’を狙いに、ここへよく出かけた。

昭和33年に‘ブルートレイン’が初めて登場した時の列車が、この‘あさかぜ’であったことから、
‘初代ブルートレイン’と呼ばれて親しまれてきた列車。
関西にいる私でも、当時少しだけ夜ふかししていれば、
東京行きの‘あさかぜ2号’を拝むことができた(11時15分頃自宅前を通過)ので、
実は親しみのある列車である。

この列車も、走らなくなってもう9年が経つ。

夏の富海‘あさかぜ’_d0309612_205249.jpg

山陽本線 戸田~富海

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2014-03-12 20:55 | 夜行列車 | Trackback | Comments(0)

粉雪舞って ~ロクヨン中国山地を越えて

備中神代でしばしの小休止。
EF64の貨物列車が雪の中でじっとたたずむ。
止まない雪が舞うように、静かに、そして降り続いて...。

粉雪舞って ~ロクヨン中国山地を越えて_d0309612_215517.jpg

伯備線 備中神代

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2014-03-12 00:01 | 伯備線 | Trackback | Comments(0)