<   2013年 12月 ( 46 )   > この月の画像一覧

黄昏の線路端で

黄昏の線路際でたたずむネコ。

列車がなかなかやって来ない、ローカル線ならではの時間の流れの中で...。

黄昏の線路端で_d0309612_9562416.jpg


芸備線 七塚

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-12-07 12:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

夕刻に帰りゆく ~セノハチ後押し67

晴れの日の夕刻、
セノハチの峠を、広島の貨物ターミナルへと帰るEF67 0番台。

秋の斜光線の中、車体を輝かせつつ、坂道を駆け下りてゆく。

夕刻に帰りゆく ~セノハチ後押し67_d0309612_995074.jpg


山陽本線 瀬野~八本松

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 中国地方の鉄道へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-12-07 09:17 | 山陽本線 | Trackback | Comments(0)

流れゆっくりと

紅葉シーズンも終わりつつある寒空のもと、
川の流れる音を聞きながら、列車がゆっくりと去りゆくのを見届けながら、
季節が変わりつつあるのを感じて。

流れゆっくりと_d0309612_23464243.jpg


芸備線 備後落合~比婆山

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-12-07 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

朱色夕景

夕陽が残る中を、タラコ色の列車がやってきた。

JRになって以降、黄色の広島色のディーゼルカ―がすっかり定着していたが、
再び、少しずつ国鉄時代のタラコ色へと戻されつつある。

最初は逆に珍しく、少し違和感もあったタラコ色だが、最近はよく見かけるようになってきた。

朱色夕景_d0309612_2039547.jpg


芸備線 上川立~甲立

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-12-06 20:40 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

黄昏の交換待 ~急行街道の残影

黄昏の志和地駅で交換待ちの急行みよし7号、
そしてやって来た急行みよし6号。

18時のサイレンが鳴り響いたその後に、
日が沈んだその後に...。

黄昏の交換待 ~急行街道の残影_d0309612_23581966.jpg


芸備線 志和地

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-12-06 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

雪晴れの駅を ~急行街道の残影

降っていた雪が止み、みるみる晴れになっていった冬の午後。
雪だるまを作っていた親子連れが帰った後、
そっとホームを通過していった急行みよし5号。

雪晴れに似合う、芸備線急行色のキハ58も今はもうない。

雪晴れの駅を ~急行街道の残影_d0309612_211672.jpg


芸備線 井原市

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-12-05 21:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

雪がちらつく中 ~ロクヨン中国山地を越えて

雪がちらつく中、新見駅を出発するロクヨン貨物列車。

雪景色の難所を越えてきたロクヨンも、ここでちょっとひと息ついた後、

再び、岡山までの残りの道のりへと...。

雪がちらつく中 ~ロクヨン中国山地を越えて_d0309612_2139171.jpg


伯備線 新見

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 中国地方の鉄道へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-12-05 00:01 | 伯備線 | Trackback | Comments(2)

暖かな日ざしの中を

寒い冬の日、午後の暖かな日ざしの中を、
タラコ色のディーゼルカーがトコトコと。

このタラコ色、国鉄の末期に、
色の塗り分け経費削減のために東京近郊で最初に登場したことから、
‘首都圏色’とも呼ばれた色である。

今また、歴史は繰り返されるかのごとく、
JR西日本が経費削減の一環として、
管内のディーゼルカーを全てこの色に...。

決して悪い色ではないと思うが、その理由が理由だけに、
見る度に、なんとも言えない‘負な気分’になってしまうのは私だけだろうか。

暖かな日ざしの中を_d0309612_7435133.jpg


芸備線 白木山~狩留家

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-12-04 10:31 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)

やかわ驛

木次線八川駅。

スイッチバックで有名な出雲坂根の北隣にある小駅で、
少し地味だが、昔ながらの雰囲気がそのままに残る木造駅舎である。

この駅の素晴らしいのは、木製の改札と、
‘出札所’と表記された駅事務室の小窓(こちらも木製)がそのまま残されており、
それがきちんと手入れされ、綺麗に保たれているところである。

この駅を愛する、地域の方の努力には本当に頭が下がる思いである。

やかわ驛_d0309612_2343171.jpg


木次線 八川

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-12-04 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(2)

デッキ付きのもみじ色 ~セノハチ後押し67

もみじ色補助機関車EF67の0番台の八本松側(東側)には、
特徴的なデッキ(柵)がある。

これは瀬野と八本松の間、貨物列車の最後尾で後押しを終えた後、
八本松の少し手前で貨物列車から切り離し作業を、走りながら行う(走行解放という)ため、
特別に設けられたものである。

走行解放を行わなくなり、西条駅構内で全て切り離しを行うようになった今では、
デッキの必要はなくなったのだが...。

ただ、こうして改めてデッキの付いた側を見ると、戦前型の旧型機関車を思い起こさせ、
なんともカッコ良いのである。

デッキ付きのもみじ色 ~セノハチ後押し67_d0309612_21503644.jpg


山陽本線 西条~八本松

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-12-03 21:52 | 山陽本線 | Trackback | Comments(0)