カテゴリ:三江線( 678 )

稲穂垂る

収穫の時を待つ田んぼで...。
9月初旬頃から始まった新米の収穫も終わり。
そろそろ酒米の収穫が始まる季節。

d0309612_23255183.jpg
三江線 式敷

by tongpooryk | 2019-10-16 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

鬱蒼とした

鬱蒼とした路へと。
吸い込まれるように...。

d0309612_21482249.jpg
三江線 木路原~竹

by tongpooryk | 2019-10-02 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

夏雲湧く

駅のホームの上へと夏雲の湧く午後。
見上げる位置にあったこの駅も、
今は閉ざされ、その跡だけが残る。

d0309612_23352382.jpg
三江線 石見都賀

by tongpooryk | 2019-08-23 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

沢谷の向日葵

かつての沢谷駅近くに咲いていた向日葵。
他の向日葵よりも少し遅く、ちょうどお盆の今頃に満開を迎えていた。

三江線がなくなり、もう列車はやって来ないのだが、
今年もこのあたりの向日葵は見頃を迎えたようだ。

d0309612_23525243.jpg
三江線 浜原~沢谷


by tongpooryk | 2019-08-16 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

向日葵の後ろ姿

朝の向日葵畑。
その後ろ姿とともに...。

d0309612_00210740.jpg
三江線 沢谷~潮

by tongpooryk | 2019-07-27 00:21 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

願いを

願いを書いた短冊を笹の葉に。
そんな七夕の日の行事が、
普通にできますように。
今年は穏やかな夏が来ますように...。

d0309612_23304958.jpg

三江線 川戸

by tongpooryk | 2019-07-07 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

靄るトンネル

夕立が去った後のトンネル。
降った雨が靄になって...。

d0309612_08133138.jpg
三江線 石見川越~鹿賀

by tongpooryk | 2019-06-22 08:15 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

赤い屋根、赤い吊り橋

赤い屋根の石州瓦と、赤い吊り橋の風景の中を、
三江線の列車が発車していく...。
この風景は今も変わらずある中で、
列車だけが姿を消してもう1年になる。

d0309612_23504002.jpg
三江線 所木~船佐

by tongpooryk | 2019-05-31 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

大地を感じながら

大地を感じながら...要は寝そべって撮影をしていたのだが、
この時は、東京からの来客をご案内し、三江線の沿線を終日回っていた。
目線を少し下げたくなって寝そべって構えていただけで眠ってはおらず、
しかし、客人は私が疲れてついに川土手で眠ってしまったと思ったらしく、
遠くかから「列車来ましたよ~」と何度も大きな声をかけていただき...。

なんだか気を遣わせてしまった午後のひとときも、
今となっては懐かしい思い出。

d0309612_23322539.jpg
三江線 鹿賀

by tongpooryk | 2019-05-28 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

山間にこだまする

山間にこだまする一番列車の音とともに、
お寺の鐘が鳴り響く...。
日が長くなってきた初夏の朝。
しかし、もうそこに列車がやって来ることはない。

d0309612_00420342.jpg
三江線 浜原~沢谷

by tongpooryk | 2019-05-17 00:42 | 三江線 | Trackback | Comments(0)