カテゴリ:木次線( 227 )

朝の澄んだ時間に

朝の空気が澄んだ時間。
青空の広がる田は、もうすぐ田植えが始まる雰囲気だった。

まだ植えられていなかったこの頃の田も、
もう田植えが終わり、次の季節へと向かっているだろう。

d0309612_20445028.jpg
木次線 下久野~出雲八代

by tongpooryk | 2018-05-20 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

田植えが始まった

田植えが始まった朝。
過ぎていく田植え機の音と、すき間を植えていく人たちの声。
遠くからの汽笛とともに...。

d0309612_00113024.jpg
木次線 油木~備後落合

by tongpooryk | 2018-05-17 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

鏡の如く

鏡の如く、空そして山々を写り込ませる水田。
風景以上に、水に映った風景を清々しく感じるのは気のせいだろうか...。

d0309612_00073469.jpg
木次線 油木~備後落合

by tongpooryk | 2018-05-16 00:08 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

水を湛えた中で

水を湛えた田には、ようやく広がってきた青空が写り込んで、
なんだか清々しい朝のよう。
少し冷え込んだこの日は、日差しと青空が戻った午後から、
ようやく春らしい日和に...。
田植えが始まる前のひととき。

d0309612_07420777.jpg
木次線 油木~備後落合

by tongpooryk | 2018-05-12 07:42 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

森を抜けてきた

萌えの色の森を抜けてきた朱色ディーゼルカー。
峠道をゆっくりと、ゆっくりと上っていく...。
JR西日本の最高地点まで、あともう少し。

d0309612_21133458.jpg

木次線 三井野原~油木


by tongpooryk | 2018-05-11 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

空を映す

水を湛えた田んぼが、鏡の如く澄んだ青空を映し出す。
田植えまであともう少しのこの時期の晴れた日は、
田んぼの側に立つのが楽しみになる。

d0309612_21025964.jpg

木次線 八川



by tongpooryk | 2018-05-10 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(2)

新緑色の

新緑の渓谷へ、新緑色のディーゼルカーがやって来た。
今となっては超定番な撮影場所だが、
澄んだ川の水と眩いばかりの春色は、昔も今も変わりない。

d0309612_22225727.jpg

木次線 油木~備後落合


by tongpooryk | 2018-05-09 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(2)

新緑に包まれた

新緑に包まれた山々を上っていく朱色の単行ディーゼルカー。
ただでさえ小さな車両が、より小さく思える瞬間。

d0309612_23001803.jpg

木次線 出雲坂根~三井野原


by tongpooryk | 2018-05-08 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

水が張られ始めた

水が張られ始めた棚田の向こうから、
午前最後の列車がやって来た。
ここのヤマザクラが葉桜へと変わる頃には、
田植えの準備が進んでゆくのだろう。

d0309612_19524214.jpg

木次線 下久野~出雲八代



by tongpooryk | 2018-04-27 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

芽吹き始めたジャンクション

芽吹き始めた備後落合。
もうすぐ折り返す時間のおろち号へと、
親子が乗り込んでゆく...。

d0309612_21193454.jpg

木次線 備後落合



by tongpooryk | 2018-04-26 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)