カテゴリ:木次線( 261 )

停車の間に

ラッセル列車が出雲坂根駅に着き、出発するまでの間に...。

木次線にまだDE15のラッセル列車が走っていた冬。
これを目当てに何度も早起きしたものだった。
今でも、雪予報が出た朝は早起きして現地へと向かう訳だが、
この頃の気合いの入れ方は、より強かった気がする。

d0309612_22231649.jpg
木次線 出雲坂根

by tongpooryk | 2018-12-09 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

降り積もった峠を

降り積もった峠道を下っていく朱色ディーゼルカー。
これは5年前の年末の頃のもの。
今回の寒気でどのくらい積もるのかはわからないが、
まだ冬は始まったばかり。
降り過ぎない雪を望みたいものだ。

d0309612_23395760.jpg
木次線 三井野原~油木


by tongpooryk | 2018-12-08 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

桃色に染まった東の空を

西の夕空とともに、桃色に染まった東の空。
黄昏時の空は、
何も西の空だけではないことに改めて気付いた晩秋。

d0309612_22442259.jpg
木次線 油木~備後落合

by tongpooryk | 2018-11-27 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

ゆく秋を

急に寒くなってきた。
霜とともに樹々は色づき、そして葉が落ち始めると、
冬の足音が聞こえ始める。

今年の秋は本当に足早に過ぎていった。

d0309612_20561419.jpg
木次線 出雲坂根

by tongpooryk | 2018-11-26 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

秋の残り陽を

1日が刻々と短くなっていくこの季節。
夕陽が山影へと沈むほんの少し前、
この日最後の峠越え列車が、残り陽を浴びて走り去っていった。

d0309612_23250755.jpg
木次線 出雲横田~八川

by tongpooryk | 2018-11-21 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

紅い樹々の間を駆けてゆく

紅い樹々の間を駆けてゆく朱色ディーゼルカー。
紅葉も終盤の晩秋に、
残るもみじの季節の中で。

d0309612_00091334.jpg
木次線 八川~出雲坂根

by tongpooryk | 2018-11-17 00:09 | 木次線 | Trackback | Comments(2)

最後のもみじを

紅葉シーズンも終盤になりつつある中で、
今年はもみじの色づきが少し遅く、
まだあちこちで見頃の木が見られた。
神社の参道に植えられたここのもみじもまさに見頃を迎えており...。
もちろん、お参りした後に撮らせていただいた。

d0309612_00005073.jpg
木次線 油木~備後落合


by tongpooryk | 2018-11-16 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

朝の光へと進む

朝の光が射す方へと、
始発のディーゼルカーがゆっくりと進んでゆく...。
近頃すっかり...朝の空気が寒く感じられるようになった。

d0309612_23482775.jpg
木次線 八川~出雲坂根

by tongpooryk | 2018-11-15 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

紅が彩る

裏山の紅葉が彩る中、
少し遅い一番列車の踏切が鳴り始めた。

ここのもみじの木々も、
毎年その姿を見るのが楽しみな場所の1つである。

d0309612_00085239.jpg
木次線 油木~備後落合


by tongpooryk | 2018-11-13 00:09 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

紅葉の坂道を

紅く色付いた山々を背に、
三井野原のループ線をゆっくりと上っていく単行ディーゼルカー。
かつての陰陽連絡の動脈も、
今は晩秋の紅葉の名所として賑わう。

d0309612_21393631.jpg
木次線 出雲坂根~三井野原

by tongpooryk | 2018-11-07 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)