カテゴリ:木次線( 238 )

青空に輝く

梅雨の合間の青空を大きく仰いで...。

青空をめいっぱい取り込むと、
太陽も入ってしまうのが魚眼レンズ。
真っ青な夏空はやはり気持ちがいい。

d0309612_21342215.jpg
木次線 三井野原

by tongpooryk | 2018-06-15 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

白い花の咲く

白い除虫菊が咲く出雲横田駅。
かつての木次カラーの列車どうしが行違う午後。

すっかり朱色が見慣れてきたキハ120初期型だが、
実はこちらの色がオリジナル。
新緑から初夏にかけての沿線の色に良く似合うカラーリングだった。

d0309612_23274297.jpg
木次線 出雲横田

by tongpooryk | 2018-06-14 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

青空の広がる

初夏の青空が広がる午後、出雲横田駅での切り離し作業。

梅雨空が数日続いただけでも、
青空が見たくなってしまうのが梅雨時期というもので...。

写真とは関係ないが、今日の広島は夕方に劇的に天気が回復し、
西日が眩しい中での帰路だった。

d0309612_23542882.jpg
木次線 出雲横田

by tongpooryk | 2018-06-12 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

合歓の樹の季節

紅く色付いた合歓の樹の側を...。

紫陽花やタチアオイ、菖蒲などとともに、
梅雨時期に楽しみな彩の1つがこの合歓の花。
雨か曇り続きで天気が芳しくないこの時期に、
濃緑の山の中のあちこちでこの薄紅色の花を見ると、少しほっとしたり...。

d0309612_23001559.jpg
木次線 油木~備後落合



by tongpooryk | 2018-06-10 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

あやめの咲く高原で

JR西日本で最も標高が高い三井野原駅近く。
咲き始めたあやめに季節の巡りの早さを感じつつ、
午後の上り列車の灯りを出迎えた。

d0309612_22001080.jpg


木次線 三井野原




by tongpooryk | 2018-05-29 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

雲の造形

天気が良いのは嬉しいのだが、
雲一つない空は少し物足りないと思うのが正直なところ。
私的には...少し雲があるくらいの青空が、空に表情があって好みなのである。
逆に、そんな空の造形に陽が遮られ、残念な思いになることもある訳だが...。

d0309612_23322844.jpg
木次線 八川~出雲坂根

by tongpooryk | 2018-05-26 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

5月の風そよぐ

春の風そよぐ日に、鯉のぼりが舞う。

5月も終わりに近づいた週末。
青空のもとで、強く吹く風を感じながら...。

d0309612_07093800.jpg
木次線 出雲横田~八川


by tongpooryk | 2018-05-25 07:10 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

朱色が顔を出した

新緑の季節には毎年のように立つこの場所。
言わずと知れた木次線の定番ポイントだが、
今年はここで朱色のディーゼルカーをあまり見かけなかった。
少し緑が濃くなってきた先週末、ようやく...やはり新緑には昔馴染みのこの色が良く似合う。

d0309612_21511708.jpg
木次線 油木~備後落合




by tongpooryk | 2018-05-24 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

青空を見上げながら

5月も終盤だが、暑さとは無縁な爽やかな午後。
昼前から急速に回復した青空のもと、
午後の2両編成を出迎える。
今日は珍しくも朱色の2連が駆け抜けていった。

d0309612_20481955.jpg
木次線 亀嵩~出雲横田

by tongpooryk | 2018-05-23 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(4)

なかなか晴れが来ない空を

朝から晴れの天気予報だったのに、
空を覆うのは灰色の雲。
その空を映し出す田んぼには、
植えられたばかりの、小さな黄緑の稲穂。

それはそれで...初夏の頃の、不安定な天気の雰囲気が漂って...。

d0309612_21495017.jpg
木次線 木次~日登


by tongpooryk | 2018-05-22 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)