カテゴリ:芸備線( 606 )

到着後の切り離し

朱色のキハ40どうしの向かい合わせ。
三次駅に到着すると同時に始まる、列車の切り離し作業。

当たり前のように見られたこの作業も、
運休が続く今は見られない風景になってしまった。

d0309612_21345155.jpg
芸備線 三次


by tongpooryk | 2018-11-20 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

道後山を背に

道後山を背に、紅葉した山々から下ってゆく...。
ここの通過時間は午後3時過ぎ。
夕刻まではまだ時間があるとはいえ、
晩秋のこの時期はもう日没近いような雰囲気。
列車が斜光線に輝いた瞬間、
随分と日が短くなったことを感じるのだった。

d0309612_00073802.jpg
芸備線 小奴可~道後山

by tongpooryk | 2018-11-18 00:08 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

紅いもみじの木を仰ぎ

紅く色付いた大きなもみじの木がある鉄橋。
宮ノ脇橋梁の袂で始発列車を待つ。
冷え込みの中で多くが散ってしまった木々の中で、
このもみじだけがまだ鮮やかな紅い葉を残していた。
冷え込んだ晩秋の朝早くに...。

d0309612_00385699.jpg

芸備線 道後山~備後落合





by tongpooryk | 2018-11-14 00:39 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

紅く色付いた朝に

紅く色付いた森の木々が、
朝露に濡れてより鮮やかに。

いつになく季節が足早に過ぎていく気がする今年だが、
いつもどおりの季節に感謝しつつ...。

d0309612_01031402.jpg
芸備線 内名~小奴可

by tongpooryk | 2018-11-12 01:03 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)

霧の朝を下りてゆく

肌寒い朝。
辺りに立ち込めた霧が少しずつ晴れてゆく中で、
朝の最後の列車が東城へと駆け下りてゆく...。

d0309612_23281263.jpg
芸備線 東城~備後八幡

by tongpooryk | 2018-11-11 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

朝がやって来た

道路の寒暖計は5℃を指す朝。
東の空が少しずつ明るくなっていく中で、
踏切の音とともに、遠くから始発列車の音が近づいてきた。

d0309612_23134786.jpg
芸備線 小奴可~道後山



by tongpooryk | 2018-11-10 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

もみじの色が変わり始めた

もみじの樹の色が黄色からオレンジへと変わり始めて...。
きっとこの週末には、
紅く色鮮やかな姿へと変わっていることだろう。

d0309612_23142525.jpg
芸備線 道後山~備後落合

by tongpooryk | 2018-11-09 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

朝焼けの刻

寒暖計が5℃を指した朝。
東の空が次第に赤らみはじめ、
いよいよ始発列車がやって来る時間。
ようやく深まってきた秋の日に...。

d0309612_23574468.jpg
芸備線 内名~小奴可

by tongpooryk | 2018-11-04 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)

大きなもみじの樹の袂を

真っ赤に色づいた大きなもみじの樹の袂を、
かけてゆく朝の下り単行列車。

これは2年前の晩秋の写真。
夏からの運休が続くこの場所。
この秋は残念ながら...列車がやって来ることはない。

d0309612_21231762.jpg
芸備線 比婆山~備後西城


by tongpooryk | 2018-11-03 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

駅前のひととき

列車を見送った後、
比婆山の駅前でしばしの時間を過ごす。

少し霧も出ていた肌寒い朝も、
ようやく日が当たり始めて暖かく感じ始める頃、
駅前で待つご近所の方を見つけて...。

d0309612_00021119.jpg
芸備線 比婆山

by tongpooryk | 2018-11-02 00:02 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)