カテゴリ:芸備線( 626 )

再び雪が降り始め

止んでいた雪が、再び降り始めた午後。
踏切の音とともに、ようやく列車がやって来た。

今日からまた寒気が入り、県北にも雪予報が出た。
三連休のこの週末は再び寒くなりそうだ。

d0309612_00284435.jpg
芸備線 道後山~備後落合


by tongpooryk | 2019-01-12 00:29 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)

雪の日の始発列車は

雪の朝、始発列車がやって来る。
まだ降り続く中、陽が射す前の線路へと、
今日も定刻通りに列車の灯りが射してゆく...。

d0309612_06471255.jpg
芸備線 比婆山~備後西城

by tongpooryk | 2019-01-10 06:47 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

屋根のあるホームで

屋根のあるホームが往時の賑わいを伝える備後庄原駅。
この屋根の部分が今日から解体されるらしい。

なんでもこの屋根、国有化された昭和8年当時からある歴史的なもののようで、
なくなってしまうのは残念だが、
車長17mの小さなディーゼルカー1両が行き来するだけの現状では、
この大きな屋根は過大なのかもしれないが...。

d0309612_00375744.jpg
芸備線 備後庄原



by tongpooryk | 2019-01-08 00:38 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

降り続くジャンクションで

運転再開して初めての雪の日。
既に冬休み期間で通学の子たちもいない中、
まだ全線で運転を再開していないせいか、
広島からの帰省客もあまりいない。

雪が止まない中で、列車はほんの少しの客を乗せて、
ジャンクションへとたどり着いた。

d0309612_00281942.jpg
芸備線 備後落合

by tongpooryk | 2019-01-06 00:28 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)

朝陽が昇ってきた

降り続いていた雪が少し弱まり、
雪雲の切れ間から、ようやく朝陽が顔を出した。

今年はどうか穏やかな年に、
そしてローカル鉄道にとって、皆さまにとって幸多き年となりますよう...。

d0309612_07135462.jpg
芸備線 比婆山~備後西城

by tongpooryk | 2019-01-01 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

照らす

年末寒気の氷点下の中、始発列車がゆっくりと、
しかし定刻通りに今日もやって来た。



d0309612_00330196.jpg
芸備線 備後落合~比婆山

by tongpooryk | 2018-12-31 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)

始発列車の灯り

降り続いた雪が少しだけ止んだ。
踏切が鳴り始め、静かな音が近づき、
そして...始発列車が白い線路に灯りをともした。

d0309612_23003453.jpg
芸備線 道後山~備後落合

by tongpooryk | 2018-12-30 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)

黄昏時に

黄昏時に、伸びる線路の向こうから列車がやって来る。
夕刻の茜色の空は、
いつもと変わらぬ風景を特別なものにしてくれる。

d0309612_23294043.jpg
芸備線 七塚~山ノ内


by tongpooryk | 2018-12-27 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

駅のイルミネーション

備後庄原駅のイルミネーション。
少し寂しい雰囲気だった駅前が、
電飾で華やかに彩られた。

d0309612_01140221.jpg
芸備線 備後庄原





by tongpooryk | 2018-12-26 01:14 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

これから

運転再開したとはいえ、構内のあちこちに土嚢が積まれたままの備後落合駅。
その姿を見れば、今はまだ仮の復旧で、
本格的な復旧はまだこれからなのだろうと察しがつく。

一昨日の備後西城駅では、20日に続いて運転再開を祝うイベントが行われ、
駅周辺はとても賑わったようだ。
しかし、この区間は、運転再開直後にもかかわらず、
朝夕の通学時間帯を除いて、定期の乗客はほとんどいないという厳しい状況。

奇跡的な復活を、喜んでばかりもいられない現実がそこにはある。

d0309612_23255856.jpg
芸備線 備後落合






by tongpooryk | 2018-12-24 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)