カテゴリ:一畑電車( 74 )

コスモスの小路

コスモスが咲く季節に。
少し懐かしい元南海電車の3000系。
一畑電車沿線へとよく通っていた5年前。
ついこないだのような気がするのだが、なんだかもう懐かしく...。

d0309612_07082416.jpg
一畑電車北松江線 布崎~雲州平田

by tongpooryk | 2019-09-28 07:09 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

行き交う駅で

夕刻の電車が行き交う川跡駅。
黄昏時が近づくにつれ天気が良くなり、
少しずつ暑くなっていった夏の日に。

d0309612_00033023.jpg
一畑電車 川跡

by tongpooryk | 2019-07-25 00:05 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

夏の昼下がりに

6年前、夏の昼下がりの川跡駅。
元南海電車の車両どうしの交換もまた懐かしい...。

d0309612_00473850.jpg
一畑電車 川跡

by tongpooryk | 2019-07-20 00:47 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

夏の風が吹く

列車が駅へと駆けて来た瞬間、
吹く強い風と共に、
ひとときの涼しさがやって来る。

d0309612_21450161.jpg
一畑電車北松江線 高ノ宮

by tongpooryk | 2019-07-19 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

雪の出雲平野を

雪の出雲平野をゆく一畑電車2100系。
これは3年前の冬、よく一畑へと撮影に通っていた頃の写真。

一畑オリジナル色をまとった元京王電鉄5000系だが、
とうとう引退の時が近づいているようだ。
薄黄色にブルーのラインというシンプルな色は、
一畑電車の中でも好きな色だっただけに少し残念だが...。

d0309612_23403135.jpg

一畑電車大社線 高浜~遙堪


by tongpooryk | 2018-02-08 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

田植えが終わり

田植えが終わった一畑口の朝。
電車へと乗り込んでいく姿が途切れ始めると、いよいよ出発の時間。
もうすぐやって来る行き違い電車の到着が、この電車の発車合図。

d0309612_23472840.jpg

一畑電車北松江線 一畑口



by tongpooryk | 2017-05-21 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

3000系、引退のとき

一畑電車3000系が、この1月22日をもって引退する。
元南海電車21000系として昭和30年代に生まれたおなじみの名車は、
勾配区間に強く、平坦区間ではスピードが出せるという特性から、‘ズームカー’と呼ばれて親しまれた。

私的には、そんなことよりも、
かつての国鉄80系電車をほうふつとさせる、正面2枚窓の顔がなんとも魅力的だった。

d0309612_22242982.jpg

一畑電車 川跡


by tongpooryk | 2017-01-08 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(2)

夕刻の集い

夕刻の川跡駅で集う、3つの電車たち。
やがてそれぞれ3方向へと分かれていく...。
新型7000系の登場により、今年度中の引退が予定されている3000系。
写真向かって右の3007は既になく、残る3000系は左側の3006。
高度成長期に隆盛を極めた正面2枚窓マスクの元南海電車も、いよいよその最後の日が近づいてきた。

d0309612_20053277.jpg

一畑電車 川跡


by tongpooryk | 2016-10-26 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

水を湛えた田の中で

水を湛えた田の向こうを、‘一畑色’の電車が駆けてゆく。

少し遅い田植えを待ちながら、しばし潤いを感じながら...。

d0309612_2344179.jpg

一畑電車 雲州平田~布崎

by tongpooryk | 2016-05-31 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

初夏の朝に

初夏の朝、梅雨入り前の日差しの中で、
一畑口の2番ホームへと電車が入る。

通学電車の時間帯、ひとり、またひとり、
電車の待つホームへと...。

田植えが終わった、土の匂いの中で。

d0309612_23384580.jpg

一畑電車 一畑口

by tongpooryk | 2016-05-26 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)