カテゴリ:山陰本線( 65 )

黄昏を照らして

黄昏時。
紅く残った空の光を受けて、
現れた特急列車の灯を受けて、
輝くレールはその存在感を増してゆく...。

d0309612_22555289.jpg
山陰本線 西浜田~周布

by tongpooryk | 2018-07-06 00:01 | 山陰本線 | Trackback | Comments(0)

夏の入り江へと

夏の入り江へと注ぐ西日。
まだ暑さが残る中、ギラギラと眩しく輝く。
1日が長いこの季節ならではの黄昏時と、夕刻から劇的に回復した天気に感謝しつつ...。

d0309612_23131972.jpg
山陰本線 折居~三保三隅



by tongpooryk | 2018-07-05 00:01 | 山陰本線 | Trackback | Comments(0)

海をギラギラさせながら

西の空の赤みを帯びた太陽が、
海をギラギラと輝かせながら沈んでゆく...。
そろそろ帰る時間が近づいてきた。

d0309612_21280470.jpg
山陰本線 岡見~鎌手

by tongpooryk | 2018-07-04 00:01 | 山陰本線 | Trackback | Comments(0)

海岸沿いをゆく

夏の海岸沿いをゆく朱色ディーゼルカー。
昨夏、ここにいると意外と頻繁に見ることができたこの組み合わせも、
どうやら思い出となってしまったようだ。

d0309612_21242687.jpg
山陰本線 折居~三保三隅

by tongpooryk | 2018-07-03 00:01 | 山陰本線 | Trackback | Comments(0)

夕方の駅前で

夕方の岡見駅前で横になる猫。
列車が来るまでの間、しばしこの猫を見ながら過ごす。

どうやら近所の飼い猫のようで、
しばらくすると女の子がやって来て名前を呼んだ。

d0309612_21132218.jpg
山陰本線 岡見

by tongpooryk | 2018-07-02 00:01 | 山陰本線 | Trackback | Comments(2)

鬱蒼とした

草で覆われて鬱蒼とした駅へと、列車が駆け上がってきた。
少し人里から離れたこの駅は、海沿いの山陰の駅と少し趣が違い、
山間部のローカル線の雰囲気が漂う。

d0309612_17430458.jpg
山陰本線 久代

by tongpooryk | 2018-07-01 00:01 | 山陰本線 | Trackback | Comments(0)

駅へとたどり着く

西浜田駅へとやって来た普通列車。
駅で待つ人のところへと...。
このキハ120も、なんだか懐かしく思えるようになった。

d0309612_23005753.jpg
山陰本線 西浜田

by tongpooryk | 2018-06-30 00:01 | 山陰本線 | Trackback | Comments(0)

降り立った

下り列車が遠ざかった後、
駅へと降り立った客がひとり、かつての改札口へゆっくりと...。
無人となり、行き違い設備がなくなって久しいこの駅だが、
祖母の家へと向かうために降り立ったあの時とさほど変わらない姿なのは、嬉しいかぎりだ。

d0309612_23325603.jpg
山陰本線 周布

by tongpooryk | 2018-06-29 00:01 | 山陰本線 | Trackback | Comments(0)

折居の海を遠望し

いつもの折居の入り江を遠望する。
走る列車こそすっかり新型に変わったが、
やはりこの日本海。
水平線が見えるその風景の雄大さは相変わらず。

d0309612_23254184.jpg
山陰本線 折居~三保三隅

by tongpooryk | 2018-06-28 00:01 | 山陰本線 | Trackback | Comments(0)

朝の日本海を

朝の日本海。折居の海岸をゆく。
日曜朝に偶然見かけた瑞風は、浜田で長い停車をしていたようで...。
再びこの場所でもその姿を拝むことができた。

d0309612_06453553.jpg
山陰本線 折居~三保三隅

by tongpooryk | 2018-06-27 06:46 | 山陰本線 | Trackback | Comments(0)