2019年 03月 11日 ( 1 )

待合室の窓から

木造の待合室があった長谷駅。
この駅は、当時の5往復、上下合わせて10本の列車のうち、
下り2本と上り3本しか停車しなかった秘境駅。
朝三次へと出て行き、夕方長谷へと帰って来る客のためなのか。

幼い頃、初めて三江線に乗車した時、この駅を通過したため、
普通列車なのになぜ停まらないのか父に聞いていると、
代わりに、隣にいた行商姿のおばさんが、1日に何度かしか停まらない旨を話してくれた...そんな昔の記憶が、
この駅のことを考える度に思い出される。

d0309612_00244060.jpg
三江線 長谷

本日は、東日本大震災発生から8年目の日になる。
その復興への道のりがいまだに遠いものとなっている現状を見ていると、
心が痛くなるばかりなのだが、
この日が来る度に、あの出来事をしっかりと記憶に刻みつつ、生きていかなければと切に思う。
震災で犠牲になられた方々のご冥福を祈りつつ、1日も早い復興を願いたい。


by tongpooryk | 2019-03-11 00:43 | 三江線 | Trackback | Comments(0)