水鏡を過ぎてゆく

水鏡に姿を映しながら通り過ぎてゆく...。
もう田植えが終わっただろう木次線沿線。
植えられた稲の成長とともに...移ろう季節を追って、
また沿線へと出掛けたい。

水鏡を過ぎてゆく_d0309612_23512176.jpg
木次線 油木~備後落合

by tongpooryk | 2022-05-16 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/29188618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。