25年目の日に

25年目の日に_d0309612_00130837.jpg
北条鉄道 田原


今日で25年が経つ。

あの時はもう広島にいたのだが、
たまたまなのか...朝5時45分頃に目が開き、
波打つような横揺れを感じた。
再び目が覚めた7時前、やはり気になってテレビをつけると...神戸で大きな地震があったという。
慌てて実家へ電話しても時すでに遅しで...話し中が続く。

その後、繰り返される神戸の変わり果てた映像を見る中で、
職場から何度か電話するも通じない。

ようやく昼前に実家からの電話で無事を確認する。
実家のある明石市は、震源地の淡路島から至近距離で、かなりの揺れだったそうだが、
活断層の向きと自宅の地盤のおかげで、難を逃れた。

多くの人が犠牲になったあの震災の中で、
たまたまというべきか...家族が無事で安心はしたのだが、
幼い頃から馴染んできた街の変わり果てた姿や、
被災された方々を見るのは...本当に悲しい出来事だった。

あれからもう25年が経つ。
まだ20代前半だった私は50手前になり、これまでにいくつもの自然災害を目の当たりにしてきたが、
この日のことを忘れないように、今朝も東の空を見上げる。




by tongpooryk | 2020-01-17 00:19 | 関西の鉄道 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/27938184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。