明星と月と

明けの明星と三日月のほのかな輝きの中、
始発列車の灯りが、行く手を照らしながら去ってゆく...。

凍える朝の撮り初めは、なんとも孤独、
しかし、闇を照らす灯りに暖かさを感じながらだった。

d0309612_23383297.jpg
北条鉄道 網引

(追伸)今日でまた1つ歳をとってしまいました。今年は年男でもあり、亥のごとく少し冒険もしつつ、いつもどおり穏やかに生きたいものです。

by tongpooryk | 2019-01-04 00:01 | 関西の鉄道 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/27319710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。