闇を照らす灯り

闇を照らしながらやって来た始発列車の灯りが、潮駅に佇む。
これは2年前の冬に撮影したもの。

大雪のため、長期の運休になりそうな三江線の南側。
こうして線路を照らす列車の灯りを見ることができるのはいつになるのだろうか。

d0309612_21355597.jpg

三江線 潮


by tongpooryk | 2018-01-16 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/26353902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2018-01-16 18:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tongpooryk at 2018-01-16 20:10
>鍵コメさん
こんばんは。
この度は、三江線写真展『江の川に寄り添って』をご覧いただき、ありがとうございました。
今回の写真展、2人での展示ということもあり、テーマを大きく2つに分けて構成を考えました。
もう一人の方が沿線在住ということもあるので、沿線の生活を題材にしたものを軸に、私は沿線の魅力的な四季風景を題材にしたものを軸に。
で、それぞれの構成の一部に、お互い相手の題材に近いものを少し配することで、お互いの展示写真を繋ぎました。

スライドショーの方は、たまたまテーマから外したものを、お互い自由に再構成したもので、それはそれで写真展とは別のものですかね。
ちなみに、私のスライドショーの方は、フィルム起こしの、比較的古いものを軸に構成してあります。
販売する予定はもちろんありませんが、楽しんでいただけたようで良かったです。