いにしえからの

昔からあまり変わらない江津駅も、
よく見ると、ホームが少し狭くなっていたり、
ホームの椅子の向きが変わっていたり、
電光掲示の列車案内板になっていたり...。

ただ、駅の雰囲気と跨線橋はいにしえのまま。

祖母のいる浜田へと旅した幼い頃の夏休み、
この駅に着くと、もうすぐ浜田に着くのを実感したものだ。

いにしえからの_d0309612_21352305.jpg

山陰本線 江津


by tongpooryk | 2017-12-06 00:01 | 山陰本線 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/26206296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マイオ at 2017-12-06 22:08 x
雰囲気としては昔ながらの江津駅ですね。
浜田・米子方面ゆきホームからの展望。
ここに三江線の発着がなくなるわけですね・・・
Commented by tongpooryk at 2017-12-06 23:49
>マイオさん
こんばんは。
そうなんですよ。ここからの角度は本当に昔ながらな気がします。
ただ、駅も細かいところは、あの頃と随分変わっている気がします。
駅の雰囲気自体がそのままなのは何よりなのですが、
春以降は乗換駅ではなくなってしまいますね。広島へと続いていた線路が閉ざされてしまいます。