往時の雰囲気のままに

立野駅でスイッチバックし、熊本へと向かう赤い九州のディーゼルカー。

いくつもの側線が残されている立野駅構内。
かつて蒸気機関車が現役の時代には、そのどれもが必要とされ、
貨車や客車の退避や機関車の入れ替えに、毎日賑わっていた線路たち。

使われなくなって久しく、錆びて寂しい状態ながらも、
こうして残されているのは奇跡的なことだろう。

ほったらかしになっていると言えばそれまでなのだが...。

往時の雰囲気のままに_d0309612_23433221.jpg

豊肥本線 立野

by tongpooryk | 2016-06-28 00:01 | 九州の鉄道 | Trackback | Comments(2)

Commented by マイオ at 2016-06-28 23:41 x
こんばんは。
ご無沙汰してます。
旧高森線と豊肥線のお写真、すばらしいですね。
一日も早く復旧してほしいです。
Commented by tongpooryk at 2016-06-29 07:24
>マイオさん
おはようございます。こちらこそご無沙汰しています。
どうやら、国の財政支援の方向が固まっているようですが、被害の大きさのこともあり、まだ安心はできない状況だと思います。動向を見守りつつも、応援していきたいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00010007-nishinp-soci