紺色の駅名板

かつて、神杉の駅舎に掲げられていた紺色の駅名板。

国鉄時代お馴染みだった漢字の下にローマ字が併記されたものに準じたもので、
紺色に手書きで書かれたであろう白い丸文字は、
見る度に、ちょっとした暖かみと、懐かしさを感じたものだった。

この場所は撮影帰りの休憩や、撤収前の最後の撮影など、
立ち寄ることが多く、これまで四季を通じていろんな情景と出会うことができた、
私にとって特別な駅でもある。

d0309612_7492813.jpg

芸備線 神杉

by tongpooryk | 2016-06-18 07:50 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/23230554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。