ようやく水を湛えて

ようやく水が入った田が青空を写し込んで...。

田植えがひと段落ついた頃、
いよいよ酒米の田へも水が湛えられていく。

他よりも少し稲の背が高い酒米は、他よりも少し収穫も遅く、
紅葉の時期を迎える少し前になる。

まだしばらくは、水を湛えた田んぼの清々しい風景を楽しむことができる。

d0309612_984362.jpg

芸備線 平子~備後西城

by tongpooryk | 2016-05-15 09:10 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/23145101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。