斜光線を浴びながら

定刻どおり出発した‘SL津和野稲成号’は、
煙を吐きあげながら、津和野の街を後にして...。

午後3時を過ぎて、次第に西の空へと落ち始めた太陽。
線路へと次第に山影が落ち始める中、
走る機関車の正面への鮮やかな斜光線の輝き。

ヘッドマークをより紅く染めながら、汽笛とドラフト音を残しながら...。

d0309612_21191093.jpg

山口線 船平山~津和野

by tongpooryk | 2016-01-08 00:01 | 山口線 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/22750447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。