秋晴れの柴木川を渡る

秋晴れの昼下がり、キハ23を先頭に、3両編成の黄色いディーゼルカーが柴木川を渡ってゆく...。

かつて太田川の上流へと延びていた旧可部線の線路は、
その支流である柴木川をさらに進み、三段峡へと続いていた。

これはもう15年以上前の写真。
12年前の秋に廃止になった旧可部線もそうだが、
今ではすっかり少数派になった、黄色の中国地方色とともに、
当時の山口にまだ残っていた箱形ディーゼルカー、キハ23もまた懐かしい。

秋晴れの柴木川を渡る_d0309612_01932100.jpg

旧可部線 戸河内~三段峡

by tongpooryk | 2015-10-04 00:20 | 旧可部線 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/22263029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 風旅記 at 2015-10-08 09:47 x
おはようございます。
可部線は、元の全路線長の4分の3が廃止になってしまった路線、広島のベッドタウンを抜けた先を旅することはできなくなってしまいました。
いいお写真を拝見できました。
可部駅より先には美しい景色があったのだと再認識しました。電車から気動車に乗り換えて旅すれば、心地良かっただろうと想像しています。
キハ23形も今となってはもう見られない車両ですね。
他の記事も楽しませて頂きます。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc
Commented by tongpooryk at 2015-10-08 21:14
>風旅記 さん
こんばんは。
キハ23、この当時広島には配置されておらず、山陰西部(長門市~下関)に走っていたのが、
増結用にたまたま応援で広島に来ていたものです。なので、結構貴重な写真かもしれません。

可部線非電化区間、結構通っておりまして、最後の1年間は毎週ほとんど可部線でした。
‘旧可部線’のカテゴリに集めてありますので、また機会ありましたらご覧いただければ幸いです。