紅い光の時間

私にとって、お盆時期の定番、夕方の本川町。

西陽のギラギラした時間が過ぎ、日没の少し前頃になると、
弱まる光の中での、紅いトワイライト・タイムになる。

小さな雲に少しだけ遮られた後に再び顔を出した太陽は、
いつもよりも紅く、そして印象的な演出を施しつつ、西へと沈んでいった。

d0309612_17331989.jpg

広島電鉄本線 本川町~十日市町

by tongpooryk | 2015-08-17 00:01 | 広島電鉄 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/22030261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by take-phot at 2015-08-17 05:26
おはようございます(^^)
市内でも こんな色のある情景が見られるのですねぇ。。。
ここは(歩道橋?)路面電車を撮る定番ポイントなのでしょうか?
まとまった雨が降らない市内 残暑も厳しいようです。。。ご自愛下さいね(^^)

Commented by tongpooryk at 2015-08-18 07:15
>take! さん
おはようございます。
ここは年に2回ほど、路面の方向に太陽が沈んでいくため、日没ギリギリの時間帯にはこんな感じになります。時期的には春の桜の時期とお盆のこの時期です。
今日は天気も良さそうなので、仕事帰りにちょこっと撮影して帰ろうかなと思っております。
今日は朝から風もあり、結構過ごしやすそうに感じますが、どうなりますかね~。
Commented by ゆこたん at 2015-08-18 21:29 x
日常の生活の中でこんな素敵な光景があるのですね(*´∀`*)
私は撮りやすいローカル線での撮影が多いですが・・・
しっかり勉強して、こういう写真も撮れるようになりたいです!
Commented by tongpooryk at 2015-08-18 22:40
>ゆこたん
こんばんは。
最近はローカル線へなかなか行けないので、近場で広電を散歩がてら撮影することが多いです。
もともと、合間合間で撮っていた被写体なので、違和感はないのですが、
一畑電車へ通ってた頃から、生活感のあるものはやはり良いなと感じ始め、
実は今いちばんしっくり撮影できるのが広電かもしれません。
ローカル線ももちろん好きですし、芸備線や木次線はライフワークなんですけどね。(笑)
この場所はちょうど今時期が旬な場所で、今日もこっそり夕練しておりました。