瞬きの

それは瞬きのごとく...。

帰省した際、墓参りついでに必ずと言っていいほど立ち寄る北条鉄道。
加古川線厄神駅近くにあるうちの墓参りのついでがなぜ?という疑問はさておき、
3年前の初夏、父の7回忌の際の帰省時にも、やはりここへと撮影に出かけた。

あいにくの曇り空のもと、少し萎えながらも、夕刻の北条鉄道へと車を走らせる。
と、西の空の雲がだんだんと切れ始め...ついには夕陽を拝むことができた。

この出来過ぎは、もしかしたら父の仕業かもしれない。

d0309612_23204354.jpg

北条鉄道 網引~田原

by tongpooryk | 2015-05-26 00:01 | 関西の鉄道 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/21817116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by happyヒロ at 2015-05-26 11:22 x
こんにちは!
加古川お帰りなさい♪
雲に覆われた空
夕日が最後の輝きを見せる場面は
心に残る風景ですね~
確かにお父さんからのご褒美かも。。。

多分見る度に
変化していっている北条鉄道だと思いますが
この網引の夕日は健在です!!
またこちらにもお寄りください!(^^)!
Commented by masayuki23115 at 2015-05-26 20:57
こんばんは(*^^*)

めちゃめちゃ素敵!!

お父様…降臨ですね♪

こんな素敵な網引撮影見たのはじめてです!!
私も…知り合いの方が…水入りましたよ…と知らせてくれて…行こうか悩みながら…行かずじまいでした!!

行ってたら…お会いしてましたかね(*^^*)
Commented by tongpooryk at 2015-05-26 23:56
>Happyヒロ さん
こんばんは。
ただいま帰りました~(笑)
(本当に今日は残業でした)。
この時は本当に神がかっていましたが、実はこの何年か前に、用事があって北条鉄道を後にし、実家(明石市)まで戻って来ると、それはもうこれみよがしのまっ赤っ赤な夕陽が見えたという、苦い思い出もありまして...その時のちょっとしたリベンジにはなったかと。
今年はまだ実家へ帰っておりませんが、また必ず北条鉄道へは行きたいですね~。
Commented by tongpooryk at 2015-05-27 00:01
>くるみ さん
こんばんは。
いえいえ、これは3年前ですので、今年ではないんですよ。
でも、この時は本当に神がかっていたと思います。
陽の沈む位置も含めて、この週末あたりが狙いめかもしれませんよ。
ぜひ行ってみてくださいませ。
私は夏まで無理かなぁ...。