黄昏の厄神で

3年前の帰省時、墓参りついでに撮影した厄神の鉄橋での夕焼け。
実家のある兵庫県の写真ということで...。

今日1月17日は阪神淡路大震災のあった日。
私は少し早起きし、黙禱をささげた。

実家のある明石は、震源地の淡路島から近いにもかかわらず、
活断層の上になかったため、被害は少なかった。
うちの実家についても、両親によると地震発生時は家が崩れると思う程の強い揺れだったらしく、
かなり怖かったようだが、幸い、家具のほとんどが揺れの方向と平行に並んでいたことや、
自宅が切り土の上に建っていたことが幸いし、屋根瓦の落下すらなく、
スピーカーが倒れた程度...のように思えたが、
実際は床に傾きができ、窓サッシには傾きが生じていた(ただし、軽度)。

当日、広島でも揺れを感じたが、震源が兵庫だということは、
朝テレビをつけるまで気付かず、気付いた時には電話が既に繋がらずに、大変心配したのを覚えている。
無事が確認できたのは、その日の午後。
母親からの職場への電話で、ようやくだった。

あれから20年。
各地で大きな災害が起きる度に、
できれば災害のない平穏な生活をとは思うが、
もし起きた時には...という備えの意識は、これからも常に忘れずにいたいと思う。

d0309612_18134493.jpg

加古川線 厄神~市場

by tongpooryk | 2015-01-17 18:18 | 関西の鉄道 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/21482425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by masayuki23115 at 2015-01-17 21:13
こんばんわ(*^^*)

朝から追悼番組で…泣きはらしました!!
私は、あの日丹那さんのお弁当を作るのに五時おき…

新大阪の16階建てのマンションの16階に住んでた我が家は…信じられないくらいの揺れ

マンションは倒れると感じました!!
死ぬと

走馬灯のように、ほんまに昔からの記憶が一瞬巡り…箪笥、みずやは全て倒れました!!

私も…つけていた梅酒の割れた瓶に尻もち…血がダラダラ!!

考えるだけで…近所の方でなくなった方もいました!!

ほんまにご冥福をお祈りします!!

Commented by 賄.賄悠々 at 2015-01-17 21:43 x
こんばんは~。
あれから20年って歳月が流れたのですね、学生の身分だった私も、もう中年ですから、驚きです。
地震大国はその時の被害を教訓に出来たのか疑問が残ります。今後東南海沖地震なんてのも予測されていますからそれまでの犠牲者の心が無にならぬことを信じたいですね。
Commented by tongpooryk at 2015-01-17 22:17
>くるみ さま
こんばんは。
やはり、くるみさんも大変な思いをされたんですね。
うちの母の知り合いで、垂水のマンションに住んでた方がおり、大丈夫ではあったのですが、上層階だったため、部屋の中はかなりめちゃくちゃになったと聞きました。
私もマンションに住んでいますが、避難時や断水時など、いろんなことを考えて3階にした経緯があります。
少し経って実家へ様子をみに帰った際、夜に小さな余震がありましたが、下から突き上げるような不気味な揺れは、それでも恐怖を感じたのを覚えています。
Commented by tongpooryk at 2015-01-17 22:32
>ユウ さま
こんばんは。
当時は学生さんだったんですね。
私は大学卒業後、就職して2年目の若造でした。
あれから20年経つんですから...歳もとるはずですね。

悪いことをできるだけ忘れるようにするのは、くよくよしても仕方ないという意味で、良いことだと思うのですが、考えること、教訓にすることはとても大事だと思いますね。
そういう意味で、神戸の震災以降、耐震というものが重要視されるようになってきてはいますが、徹底してるかどうかというと、まだまだな気がしますね。