迫り来る ~急行街道の残影

朝の急行みよし1号。この日も軽快な音とともにやって来た。
芸備線でキハ58の急行列車が当たり前に見れた頃が懐かしい。

迫り来る ~急行街道の残影 _d0309612_2036251.jpg

芸備線 上三田~中三田

本日も『ローカル鉄道散歩』へご訪問いただき、ありがとうございました。
差し支えなければ、下の‘ローカル線’のバナーをクリックいただけると幸いです。
↓ (ブログランキングで山岡山のポイントになります。ご迷惑をおかけする類のものではありません。)

にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2014-10-31 20:40 | 芸備線 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/21260479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くるみ at 2014-10-31 22:10 x
こんばんわ(*^^*)

いつもスマホで見ています♪
月末近くになると、画像が出なかったり…で、なかなかコメントうてなくてすみません!!

今日から、スピードアップしましたから、またゆっくり訪問しますね!!

それにしまても山岡山さんの写真は私と違いアンダーな写真がグッときます♪

重厚な感じが私にはなかなか出せません!!

Commented by tongpooryk at 2014-11-01 00:46
>くるみ さま
こんばんは。
遅くまでお疲れ様ですね。
また、いつもありがとうございます。
これはフィルム時代の写真なので、少々コクがあるのはそのせいではないかと。
デジタルにしてからも、ついついフィルムの頃の色あいをベースにしてしまいます。
Commented by くるみ at 2014-11-01 08:54 x
フィルムですか♪

すごいですね!!
フィルムで動くものは、難しいんじゃないですか?
歴史ちゃいますね!!

Commented by tongpooryk at 2014-11-01 19:59
>くるみ さま
こんばんは。
確かにフィルム時代はいろいろと制約がありました。
ただ、感覚的に、フィルムの頃は今(デジタル)よりもシャッター速度が少し遅くても大丈夫(列車を止めることができた)だったので、鉄道を撮って難しさを感じたことはなかったです。まあ、フィルムしか選択肢がない中で技量を磨いていかざるを得なかったのも確かなのですが...。

デジタルはコストがかからないこと等、メリットが多いのですが、フィルムはフィルムにしか出せない色合い(列車のテールランプや信号機の赤、残照のグラデーションなど)があるので、時々フィルムを使いたくなることがあります。