押角の新緑

峠道からの遠望、新緑の押角。
12年前の東北行きは、正直、この絵を撮ることが目的だった。

言わずと知れた定番撮影地である押角俯瞰だが、
落葉広葉樹がほとんどのこの峠道が萌芽色へと彩られる時期に、
この場所から望みたかった。

先に帰る知人と分かれ、私ひとり茂市駅で夜を明かし、目覚めると快晴。
迷わず押角峠へと向かった。
峠に立ち、押角駅を望んだ瞬間の新緑の輝き。
そして、吹き下ろす風を感じながら列車を待っていた時の心地良さ...。

ここ岩泉線も、4年前に起きた土砂災害による不通から復活することなく、
今年3月でその歴史に幕を閉じた。

押角の新緑_d0309612_0554179.jpg

旧岩泉線 押角

by tongpooryk | 2014-04-27 00:57 | 東北の鉄道 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/20623526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 風太郎 at 2014-04-27 18:45 x
これはまた息を飲むような鉄道風景ですね。
みちのくの山並みをまさに分け入る細道。
行かない所には徹底して行かないので、こんな場所がある事も知りませんでした。

そうですか。もう後の祭りですねえ。
Commented by tongpooryk at 2014-04-27 20:37
>風太郎 さま
こんばんは。
ここは本当に絶景でした。鉄道以外はほぼ原風景(自然の中という意味で)という...。
定番撮影地というのは敬遠しがちな私ですが、ここだけは特別な場所でした。
初めてこの場所に立った時(紅葉の時期が最初)の感動は今でもはっきり覚えております。
悲しいかな、もう失われた鉄道風景になってしまいましたが...。