燃えるカラマツ

ちほく高原鉄道を訪問した晩秋。

ちほく高原鉄道は翌年に廃止を控えており、紅葉カラマツを拝める最後の機会と思い、
また、仲間が北の大地で一同に会すということもあり、思い切って旅立った。

飛行機から初めて見る晩秋の北の大地は、あたり一面のオレンジ色の山々。
カラマツの紅葉がこれほどまでに綺麗だとは...。

その感動は、目的地であるちほく高原鉄道沿線でさらに強いものとなった。

d0309612_0472312.jpg


旧北海道ちほく高原鉄道 小利別~置戸

↓ バナーをクリックいただけると幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-11-23 00:53 | 北海道の鉄道 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/20013184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マイオ at 2013-11-25 14:55 x
すばらしい。思わず息を呑みました。
こんな場所があったとは・・・。
Commented by tongpooryk at 2013-11-25 19:24
>マイオ さま
こんばんは。
ここは仲間2人に教えてもらって、登った俯瞰です。
辺りの木には、比較的新しい熊の蹄跡が残されており、ビクビクしながら列車を待ったのを覚えています。