吹き渡る

暑い夏の昼下がり、出雲平野を風が渡ってゆく。
吹くたびにサラサラと揺れる青田の音をじっと聞いていると、
ほんの少しだけ暑さが和らいだ気がした。

吹き渡る_d0309612_19294168.jpg


一畑電鉄 北松江線 雲州平田~布崎

(追伸)ペットボトルのお茶4本とガリガリ君1本でなんとか凌ぎました。

by tongpooryk | 2013-07-12 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/19247392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。