春色の堤

桜の季節の頃、いつものように備後落合方面へ向かっていると、川むこうの線路沿いの堤一面に菜の花が咲きつつあるのを見つけた。
1週間経った後、再び行ってみると...。

春色の堤_d0309612_741525.jpg


芸備線 備後落合~比婆山

by tongpooryk | 2013-05-18 07:42 | 芸備線 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : https://yamaokaya.exblog.jp/tb/18797072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さすらいびと at 2013-05-18 15:56 x
こんにちは。ブログ開設おめでとうございます。素晴らしい作品の数々にため息つきっぱなしです。
これからの展開がとても楽しみです。

弊ブログのリンクに加えさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。
Commented by ぷらど at 2013-05-18 17:55 x
御無沙汰でした(*^_^*)
ブログ開設おめでとうございます!
早くもV画の連発ですね!!

弊ブログにもリンクしますので今後とも宜しくお願いします\(◎o◎)/!
Commented by おーみや at 2013-05-18 21:00 x
こんばんは.
ご案内いただきありがとうございます.この度はブログ開設おめでとうございます.yamaokayaさんらしい伸びやかな作品に圧倒されております.今後も楽しみです.
Commented by tongpooryk at 2013-05-18 21:40
>さすらいびと さま

早々にご覧いただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

いえいえ何をおっしゃるやら。
正直、さすらいびとさんのブログがなかったら、私のブログ立ち上げはなかったかもしれません。

写真だけでなく、鉄道沿線の方々との繋がり、その土地への思い入れ等、熱い思いが伝わるさすらいびとさんのブログは、拝見していていつも頭が下がります(更新のこまめさも。)。

私の方もリンクさせていただければ幸いです。
Commented by tongpooryk at 2013-05-18 21:55
>ぷらど さま

こちらこそご無沙汰しております。
某誌月例フォトコン等、ご活躍を拝見させていただいております。

また、遠く羽後の地で地元第一主義を貫いておられるお姿は、大変共感を覚え、いつも励みにさせていただいております。

ぷらどさんの激Vストックに負けないように頑張ってまいりたいなとは思いつつ...いつもこまめな更新とはいかないかもしれませんが、細く長く続けていけたらなと思っております。

私もリンクいたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by tongpooryk at 2013-05-18 22:10
>おーみや様

ご無沙汰しております。
早々にご訪問いただき、ありがとうございました。
本日の撮影はいかがでしたでしょうか?

『比婆山便り2』に遠路はるばるご来場いただき、また、芸備線(東部)をご案内させていただいたのが2008年の秋ですから、あれからもう5年が経つんですね。

当方、あの頃とやってることは基本的に変わっておりませんが、流石に年々無理は利かなくなってまいりまして...ということで、本ブログもぼちぼちとやってまいりたいと思っておりますので、気長なお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
Commented by 半田の忍者 at 2013-05-19 10:57 x
先ずはブログ開設おめでとう、これらかも作品見せてもらいます。
Commented by tongpooryk at 2013-05-19 11:35
>半田の忍者 さま

ありがとうございます。
あくまでマイペースにやっていきたいと思っておりますので、暇な時にでもご覧くださいませ。

また、セノハチへもお越しください。
67ゼロもいよいよ最後の日が近づいているようですし...。
Commented by おーみや at 2013-05-21 21:12 x
>5年!
もうそんなになりますか.その節はお世話になりました.沿線のすばらしい風景もさることながら,それらの切り取り方が実に多様で驚いたのを覚えています.
「比婆山便り」もだいぶ回を重ねられているようですね.撮りっぱなしの我が身を深く反省するところです.またいつか拝見できればと思います.
Commented by tongpooryk at 2013-05-21 22:02
>おーみや さま

またぜひお出でくださいませ。
私からしますと、江差線へ撮影に通えるおーみやさんが羨ましいです。
その他、これから北の大地は激変の時代を迎えるようですので、土地の利を生かした御作品、ご期待申し上げます。