到着後の切り離し

朱色のキハ40どうしの向かい合わせ。
三次駅に到着すると同時に始まる、列車の切り離し作業。

当たり前のように見られたこの作業も、
運休が続く今は見られない風景になってしまった。

d0309612_21345155.jpg
芸備線 三次


# by tongpooryk | 2018-11-20 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

列車は駆けてゆく

3年前の11月下旬。
日帰りツアー「三江線フォトトレイン」で ‘INAKAイルミ’ へと向かう途中。
三江線のゆっくりした走りも、カーブを過ぎて直線になれば、
列車は少しずつ加速してゆく...。

d0309612_19262456.jpg
三江線 信木~所木


# by tongpooryk | 2018-11-19 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

INAKAイルミは今年も

初冬の宇都井を光で彩る ‘INAKAイルミ’ 。
三江線の山間の駅 宇都井とその周辺を、
イルミネーションとライトアップで飾るというこのイベントだが、
列車が来なくなった今年も、11月23日、24日の日程で行われる。

地元の方々を中心に、その1つ1つを手作りされるこのイベント。
どうかこれからも末永く続いていってほしい。

d0309612_19072361.jpg
三江線 宇都井

# by tongpooryk | 2018-11-18 19:07 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

道後山を背に

道後山を背に、紅葉した山々から下ってゆく...。
ここの通過時間は午後3時過ぎ。
夕刻まではまだ時間があるとはいえ、
晩秋のこの時期はもう日没近いような雰囲気。
列車が斜光線に輝いた瞬間、
随分と日が短くなったことを感じるのだった。

d0309612_00073802.jpg
芸備線 小奴可~道後山

# by tongpooryk | 2018-11-18 00:08 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

紅い樹々の間を駆けてゆく

紅い樹々の間を駆けてゆく朱色ディーゼルカー。
紅葉も終盤の晩秋に、
残るもみじの季節の中で。

d0309612_00091334.jpg
木次線 八川~出雲坂根

# by tongpooryk | 2018-11-17 00:09 | 木次線 | Trackback | Comments(2)

最後のもみじを

紅葉シーズンも終盤になりつつある中で、
今年はもみじの色づきが少し遅く、
まだあちこちで見頃の木が見られた。
神社の参道に植えられたここのもみじもまさに見頃を迎えており...。
もちろん、お参りした後に撮らせていただいた。

d0309612_00005073.jpg
木次線 油木~備後落合


# by tongpooryk | 2018-11-16 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

朝の光へと進む

朝の光が射す方へと、
始発のディーゼルカーがゆっくりと進んでゆく...。
近頃すっかり...朝の空気が寒く感じられるようになった。

d0309612_23482775.jpg
木次線 八川~出雲坂根

# by tongpooryk | 2018-11-15 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

紅いもみじの木を仰ぎ

紅く色付いた大きなもみじの木がある鉄橋。
宮ノ脇橋梁の袂で始発列車を待つ。
冷え込みの中で多くが散ってしまった木々の中で、
このもみじだけがまだ鮮やかな紅い葉を残していた。
冷え込んだ晩秋の朝早くに...。

d0309612_00385699.jpg

芸備線 道後山~備後落合





# by tongpooryk | 2018-11-14 00:39 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

紅が彩る

裏山の紅葉が彩る中、
少し遅い一番列車の踏切が鳴り始めた。

ここのもみじの木々も、
毎年その姿を見るのが楽しみな場所の1つである。

d0309612_00085239.jpg
木次線 油木~備後落合


# by tongpooryk | 2018-11-13 00:09 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

紅く色付いた朝に

紅く色付いた森の木々が、
朝露に濡れてより鮮やかに。

いつになく季節が足早に過ぎていく気がする今年だが、
いつもどおりの季節に感謝しつつ...。

d0309612_01031402.jpg
芸備線 内名~小奴可

# by tongpooryk | 2018-11-12 01:03 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)