ようやく晴れてきた

天気予報は朝から晴れにもかかわらず、
朝からなかなか陽が射さなかった日曜日。
奥出雲おろち号が来る頃になってようやく青空が広がり始める。

いつものように賑わう車内からの振る手に応えながら、列車を見送った。

d0309612_06284302.jpg

木次線 木次~日登

# by tongpooryk | 2018-05-21 06:29 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

朝の澄んだ時間に

朝の空気が澄んだ時間。
青空の広がる田は、もうすぐ田植えが始まる雰囲気だった。

まだ植えられていなかったこの頃の田も、
もう田植えが終わり、次の季節へと向かっているだろう。

d0309612_20445028.jpg
木次線 下久野~出雲八代

# by tongpooryk | 2018-05-20 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

深緑の森とせせらぎと

すっかり深緑になった江の川沿い。
今年はもう列車はやって来ないが、
このマイナスイオンな風景は、これからも生き続けていく。

d0309612_00174097.jpg
三江線 作木口~香淀

# by tongpooryk | 2018-05-19 00:18 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

田植えが終わった

田植えが終わり、山の緑が濃くなった頃の粕淵駅。

これは昨年の5月下旬の写真だが、
ここもかつて何度も撮影した場所。
列車はもう来なくなってしまったが、
この街の風景はこれからも続いていくことを...。

d0309612_06524004.jpg
三江線 粕淵

# by tongpooryk | 2018-05-18 06:54 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

朝陽が降り注ぐ

朝陽が降り注ぐ札幌駅。
網走行の特急オホーツクが出発のアイドリングを続ける中で...。
登場から30年以上が経過し、この高架駅、そしてJRとともに歩んできたこの特急型気動車。
新しい車両が増える中で、いまだに現役で走り続けている数少ない国鉄型車両の1つ。

d0309612_06412301.jpg

函館本線 札幌

# by tongpooryk | 2018-05-18 00:01 | 北海道の鉄道 | Trackback | Comments(0)

田植えが始まった

田植えが始まった朝。
過ぎていく田植え機の音と、すき間を植えていく人たちの声。
遠くからの汽笛とともに...。

d0309612_00113024.jpg
木次線 油木~備後落合

# by tongpooryk | 2018-05-17 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

鏡の如く

鏡の如く、空そして山々を写り込ませる水田。
風景以上に、水に映った風景を清々しく感じるのは気のせいだろうか...。

d0309612_00073469.jpg
木次線 油木~備後落合

# by tongpooryk | 2018-05-16 00:08 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

新緑の街角で

新緑が眩しい、札幌の午後。
角を曲がった路面電車が、電停へとやって来る。
街中でも緑があるのはどこも同じだが、
この春に再び新緑を見ることができるとは思いもしなかった。

d0309612_00202184.jpg

札幌市電 資生館小学校前

# by tongpooryk | 2018-05-15 00:21 | 北海道の鉄道 | Trackback | Comments(3)

すすきの交差点を

スーパーニッカの看板で有名な、
すすきの交差点を横切っていく市内電車。
延伸して軌道を繋ぎ合わせ、ループ化されたからこそ誕生したこの風景。
また夜のネオンの中でこれを見てみたいものだ。

札幌市電初心者の私に、ここを教えていただいた方へ感謝しながら...。

d0309612_22295858.jpg
札幌市電 狸小路~すすきの

# by tongpooryk | 2018-05-14 00:01 | 北海道の鉄道 | Trackback | Comments(0)

八重桜満開の通りで

出張で訪れることになった春の北海道。
用務を終え、すすきの付近を散歩していて見つけた八重桜は、
この通りでただ1つの桜の樹とのこと。

2週間ぶりに見る満開の八重桜を眺めながら、
暑いくらいに晴れた札幌の街を満喫したひとときだった。

d0309612_23423013.jpg
札幌市電 資生館小学校前~すすきの

# by tongpooryk | 2018-05-13 00:01 | 北海道の鉄道 | Trackback | Comments(0)