<   2016年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

キバナコスモスの咲く

キバナコスモスの咲く口羽駅。
静かな駅に、ディーゼルカーのアイドリングだけが響く朝。
下り列車交換待ちのひとときに...。

d0309612_00302361.jpg
三江線 口羽

by tongpooryk | 2016-09-30 00:31 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

おろち号が下ってきた

秋色の昼さがりに、おろち号がゆっくりと峠を下ってきた。
毎年、春から秋にかけて、休日を中心に運転されるトロッコ列車‘奥出雲おろち号’。
今年の運転もあともう2か月。
そう考えると、今年もいつの間にか残り少なくなっているのに気付く。

d0309612_00422732.jpg
木次線 油木~備後落合



by tongpooryk | 2016-09-29 00:44 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

秋の空を仰いで

秋の高くなった空を仰ぎながら...。
昼下がりにもかかわらず、なんだか夕方のように感じ始めると、
季節はもう秋。
気付かぬうちに日も短くなっていた。

d0309612_00064268.jpg
伯備線 上石見~下石見(信)

by tongpooryk | 2016-09-28 00:08 | 伯備線 | Trackback | Comments(0)

朝露に濡れた

朝露に濡れた稲穂の側を...。
昼前にかけて少しずつ気温が上がり、
朝の清々しさが薄れてきた頃。
まだ水気を帯びたままの稲に潤いをもらいながら、
朱色ディーゼルカーを待った。

d0309612_23410859.jpg
木次線 八川~出雲坂根

by tongpooryk | 2016-09-27 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

高原の青空を見上げて

木次線でいちばん標高が高い三井野原。
ここで見上げた空は、まだ夏の名残りはあるものの、
いつになく高く感じる澄んだ青さ。
季節は確実に、次の季節へと向かっているようだ。

d0309612_00331978.jpg
木次線 三井野原


by tongpooryk | 2016-09-26 00:34 | 木次線 | Trackback | Comments(2)

赤い蕎麦の咲く

赤い蕎麦花が咲く峠道を上っていく...。
あまりに定番で、いつもは敬遠しがちなこの場所だが、
赤い蕎麦がちらっと見えて、思わず車を停めた。

いつも思うことだが、同じ場所同じ季節でも、
また新たな発見があるから、やはり‘通い’はやめられない。

d0309612_09114172.jpg
木次線 三井野原~油木



by tongpooryk | 2016-09-25 09:13 | 木次線 | Trackback | Comments(4)

秋空のもとを

秋空のもと、峠から下りてきた木次線の単行ディーゼルカー。

収穫を控えた田んぼの中を、‘タタンタタン’と駆け抜けてゆく...。

d0309612_21572919.jpg
木次線 油木~備後落合

by tongpooryk | 2016-09-24 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(2)

黄金色の収穫

黄金色に実った稲の収穫作業が続く。
天気予報が快方に向かうこの週末。
今年の収穫作業もいよいよ終盤になっていく...。

d0309612_00193347.jpg
木次線 亀嵩~出雲横田

by tongpooryk | 2016-09-23 00:20 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

たわわに実った

朝晩寒いくらいの涼しさに、少々戸惑うこのごろ。
台風の前の蒸し暑さが嘘のようで...。
すっかり秋の装いになってきたが、
これからさらに秋が深まっていくと、山々が黄と赤に彩られる季節になる。

d0309612_00563230.jpg
芸備線 七塚~山ノ内

【お知らせ】
この写真ですが、9月15日発売の交通新聞社 『鉄道ダイヤ情報』10月号 のグラフ
「四季を走る鉄道 2016 秋 ~秋天」に、ご掲載いただきました。
あらためまして、御礼申し上げます。


by tongpooryk | 2016-09-22 01:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(4)

実る稲穂と青空と

実る稲穂と青空という、黄金の組み合わせ。
このところ、週末の度に天気が芳しくなく、
こんな風景を見ていない気がする。
ようやく出た週末の晴れ予報に期待しつつ...。

d0309612_23533797.jpg
芸備線 備後落合~比婆山

by tongpooryk | 2016-09-22 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)