<   2015年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

雪の日の夕暮

雪の日の帰り道に、沈みゆく夕陽を見とどけて...。

d0309612_2130257.jpg

芸備線 備後三日市~七塚

by tongpooryk | 2015-01-31 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

南海色と一畑色と

南海色と一畑色、3000系どうしの交換風景。
これももうすぐ過去のものに...。

国鉄の80系電車を彷彿とさせる正面2枚窓のこの車両の生まれは、
高度成長期の昭和30年代。
南海を引退後、ここ出雲を走り始めて19年目になるが、
いよいよ引退の時が近づいてきた。

d0309612_0234651.jpg

一畑電鉄北松江線 一畑口

by tongpooryk | 2015-01-30 00:24 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

帳の車庫で

夜の帳の中、車庫で佇む3000系。
赤信号と青いスプリングポイントの灯りが、その丸い車体を照らし出す。
来月からの1000系登場とともに、いよいよ引退の日が近づいてきた。

d0309612_22575540.jpg

一畑電鉄北松江線 雲州平田

by tongpooryk | 2015-01-29 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

雪化粧したセノハチを

珍しく雪化粧したセノハチを上ってきた国鉄色115系電車。

10年前の冬の写真だが、この頃はまだ山陽路の115系はバラエティーに富んでおり、
この国鉄時代から続く湘南色をはじめ、
クリームに青帯の旧広島色、灰色基調の2代目広島色などを見ることができた。

d0309612_19362167.jpg

山陽本線 瀬野~八本松

by tongpooryk | 2015-01-28 00:01 | 山陽本線 | Trackback | Comments(2)

降り積もった舞台で

未明からの雪が降り積もった朝。
始発のディーゼルカーが、雪煙を上げてやって来た。

すっかり木次線の定番となった感のある場所だが、
一面白い雪で覆われた最高の舞台が整うと、
ここに立つことに躊躇いはない。

d0309612_2243239.jpg

木次線 油木~備後落合

by tongpooryk | 2015-01-27 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(2)

雪の少ない日の朝に ~冬神おろち・木次線ラッセル列車

前夜からの雪予報だったが、それほどの積雪にはならなかった朝。
ラッセル列車は来ないだろうと思った私は、
小奴可での始発列車撮影後に備後落合に寄ってみると...現れた‘冬神おろち’。
意外にも、今朝もラッセル列車に遭遇することができた。

d0309612_034679.jpg

木次線 備後落合

by tongpooryk | 2015-01-26 00:05 | 木次線 | Trackback | Comments(2)

冬の夕陽に

雪の中で撮影した帰路、ちょうど神杉の近くで夕陽になった。

思いのほか雪が少ない中での撮影に、少し不完全燃焼な1日だったが、
そんなことには関係なく、この時間の沈みゆく風景は美しかった。

d0309612_015291.jpg

芸備線 塩町~神杉

by tongpooryk | 2015-01-25 00:05 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)

夕刻の一畑口

夕刻の一畑口での交換風景。

風がとても強く、雪も終日ちらついた日の終わりに、
色の異なる、元 京王電鉄の電車どうしがここで出会った。

d0309612_1263471.jpg

一畑電鉄北松江線 一畑口

by tongpooryk | 2015-01-24 01:11 | 一畑電車 | Trackback | Comments(2)

吹雪き、揺らぎ

雪降る中、到着したラッセル列車と、発車を待つ普通列車。
一瞬、風が強くなり、雪の波が揺らいで...。

d0309612_23553492.jpg

芸備線 備後落合

by tongpooryk | 2015-01-23 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

着雪した蒼い朝を

まだ明けきらぬ朝、着雪した木々の間を..。
朝陽が昇るまで、あともう少しの蒼い時間の中を、
単行のディーゼルカーがゆっくりと駆け抜けていった。

紅かったこの‘宮ノ脇橋梁’も、昨春灰色に塗り替えられ、まるで色を失ってしまったかのようだ。

d0309612_2375461.jpg

芸備線 道後山~備後落合

by tongpooryk | 2015-01-22 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)