カテゴリ:三江線( 343 )

暖かな夕刻

暖かな夕刻。
仲間とともに、農作業の方と言葉を交わしながら...。

朝晩は少し冷えるものの、近頃は随分と暖かくなった気がする。
桜の蕾が少しずつ膨らみ始めるこの時期は、春への期待感とともに、
その慌ただしさへの漠然とした不安感も感じる季節である。

d0309612_06405915.jpg

三江線 作木口~香淀


by tongpooryk | 2017-03-23 06:41 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

雨靄の中を

降り続いた雨が上がりつつある夕刻、
臨時列車が江津へ向けて回送されていった。

これは4年前の桜シーズンに走った臨時列車だが、
まだこの頃は三江線の廃止話はなく、
桜シーズンの臨時列車があるといっても、撮影者はほとんどいなかった。

なんだかこの頃がとても懐かしく思える今日この頃。

d0309612_01010015.jpg

三江線 香淀~式敷


by tongpooryk | 2017-03-21 01:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

梅香る駅で

伊賀和志駅のそばにある梅の木。
いつもなら素通りするこの駅へ、ふと立ち寄った。
梅の良い香りを楽しみながら、列車の来ないひとときに...。

d0309612_06575672.jpg

三江線 伊賀和志


by tongpooryk | 2017-03-20 06:59 | 三江線 | Trackback(2) | Comments(0)

トンネルのはざまに

トンネルとトンネルの間にある小さな集落。
季節ごとに通っている馴染みの場所だが、
来客を案内したこの時は、少し視点を変えて...。

d0309612_00250285.jpg

三江線 石見都賀~宇都井


by tongpooryk | 2017-03-15 00:25 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

梅花の宵へと

日が暮れた中で浮かび上がる梅の花。
列車の到着前に点いた駅の灯りが、
上りの単行ディーゼルカーを静かに迎え入れる。

d0309612_05335501.jpg

三江線 石見都賀


by tongpooryk | 2017-03-14 05:34 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

梅が開き始めた

咲き始めた梅林の中を...。
三江線の中でも少し標高が高いこの辺りの梅は、
まだ開き始めたばかり。
強い風が吹いたこの日、まだ寒さが残る夕刻に。

d0309612_23023645.jpg

三江線 宇都井~伊賀和志


by tongpooryk | 2017-03-11 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

まだ明けぬ空のもと

まだ明けぬ空のもと、浜原駅で発車を待つ上下の列車。
あともう少しで三次行が、しばらくすると浜田行が、
それぞれ分かれて発車していく。
これから春にかけてだんだんと日が長くなり、
早朝のこの光景も、少しずつ明るみを帯びてゆく...。

d0309612_23131085.jpg

三江線 浜原


by tongpooryk | 2017-03-10 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

梅花咲く路を

梅の花が咲く路を、いつものように駆けてきた2両編成のディーゼルカー。
いよいよ最後の季節となる三江線沿線にも、春の訪れを感じるようになってきた。

d0309612_06405091.jpg

三江線 石見都賀~宇都井


by tongpooryk | 2017-03-03 06:42 | 三江線 | Trackback | Comments(3)

梅林の上を

満開の梅林の上を駆けていく夕方のディーゼルカー。
梅の開花が例年よりも早い今年だが、
宇都井の橋梁近くの梅林の満開ははたしていつになるのだろうか...。
それもまたこの春の楽しみの1つ。

d0309612_23024030.jpg

三江線 宇都井~伊賀和志



by tongpooryk | 2017-03-02 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

梅の花咲く

梅の花咲く川に沿って...。

先々週はまだ咲きかけだった花は、ほぼ開いて、
いよいよ見頃を迎えた川平の梅。
少しずつ春へと近づいているようだが、まだまだ肌寒く...。

d0309612_22592260.jpg

三江線 川平~川戸


by tongpooryk | 2017-02-28 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)