カテゴリ:三江線( 359 )

枝垂れ咲く庭で

お祭りのように人が集まった、この土日の三江線。
なんだか気持ちが萎えてしまった私は、人が集まらない場所を転々とした。

そして、昨春から課題にしていた、ある方のお庭に咲く見事な枝垂桜。
先客は1人いたものの、すぐ近くの田津駅の賑わいが嘘のような静けさ。

ゆっくりと準備しつつ、家の方と言葉を交わしつつ、先客の方と話しつつ...。
撮影後、ひとことお礼を言って、この場所を後にした。

d0309612_22084528.jpg

三江線 田津~石見川越




by tongpooryk | 2017-04-11 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

桜の絵

毎年のように撮影している口羽の桜並木。 
私的には桜撮影の恒例のような場所で、
地元のローカル線を撮るようになって以来、これまで春先の習慣みたいなものだった。
まさかそれが「廃止」という形で終わりになるとは思いもしなかった訳で...。

d0309612_23033999.jpg

三江線 口羽~江平


by tongpooryk | 2017-04-10 00:38 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

川霧の朝

満開の桜を求めて、まだ明けぬ中、三次を目指す。
昨朝の時点では、桜はまだ開き切らない様子だったが、
三江線沿線を北へと行くうちに、霧が少しずつ濃くなってきた。
そして...気付かぬうちに、桜よりも霧の幻想的な風景に魅かれていった。

d0309612_23203863.jpg

三江線 長谷~粟屋



by tongpooryk | 2017-04-09 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

雨止んで

強く降っていた雨が止み、雨霧が立ち上がる中、
臨時列車の回送がやってきた。
暖かい日が続いたことで、いよいよこの週末の三江線は桜週間に。
あいにく天気は期待できないが...。

d0309612_22581378.jpg

三江線 石見都賀


by tongpooryk | 2017-04-08 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

繋いで

臨時列車の運転があった日曜日。
浜原駅で、夕方の江津行列車への連結作業が行われていた。
駅の構内を車両が行ったり来たり、そして繋がれて2両編成となった列車は、
江津からの列車との行き違いの後、静かに発車していった。

d0309612_00543780.jpg

三江線 浜原


by tongpooryk | 2017-04-06 00:54 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

早咲きの河津桜

雨上がりの晴れの中、満開の河津桜が華やかに。
ソメイヨシノの開花が遅れているが、ひと足先に麗らかな春を感じて...。

d0309612_23270225.jpg

三江線 口羽~江平


by tongpooryk | 2017-04-05 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

焼けて

降っていた雨が止み、少し冷たい空気の中で、
西の空が焼けてきた。
江の川に写る空の色も、夕焼け色へと染まっていった。

d0309612_00331721.jpg

三江線 香淀~式敷

by tongpooryk | 2017-04-04 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(4)

春の色に

春の色に包まれ始めた三江線沿線。

蕾が紅く膨らみ始めた桜の季節はもうすぐ。
梅花の終焉とともに、あちこちで咲き始めた菜の花。
桜の桃色とともに、菜の花の黄色もまた春の色。
まだ少し寒いながら、季節は春へと確実に向かっている。

d0309612_22280690.jpg

三江線 伊賀和志~口羽


by tongpooryk | 2017-04-03 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

桜の季節に

今日から4月。間もなく桜の季節を迎える。

今年は最後の桜になるかもしれない三江線。
なので、沿線は混雑が予想されるが、
私はいつもどおり静かに見送りたいと思う。

d0309612_00554540.jpg

三江線 作木口


by tongpooryk | 2017-04-01 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

早咲きの

早咲きの桜咲く駅前。

ソメイヨシノよりもひと足早く、明塚駅の桜が咲き始めた。
もう日が陰り始めた夕刻に、やって来た下り列車をそっと出迎える。

d0309612_00435653.jpg

三江線 明塚


by tongpooryk | 2017-03-31 00:44 | 三江線 | Trackback | Comments(2)