カテゴリ:三江線( 452 )

霧の朝の一番列車

霧の朝、石見都賀駅へとやって来た一番列車。
まだ晴れきらない霧でどんよりとした寒い中、
ヘッドライトを輝かせながらホームへと...駅が目を覚ます瞬間。

d0309612_2156516.jpg

三江線 石見都賀

by tongpooryk | 2015-11-18 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

イルミネーションの夜

毎冬、三江線の宇都井駅で行われるINAKAイルミ。
この駅のまわりが10万球のLEDでライトアップされる。
今年はどんな夜になるのだろうか...。

d0309612_0354229.jpg

三江線 宇都井

(追伸)
第4回目となる「三江線フォトトレイン 光編」が、次のとおり開催されます。

私もボランティア講師として参加します。

d0309612_0404043.jpg

by tongpooryk | 2015-11-11 00:43 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

さらさらと

流れる川の音を聞きながら...。
撮影の準備を済ませて、しばし待つ間、
聞こえてくるのはほとんど川の音だけという、
なんとも贅沢なひととき。

昨日の写真の続きということで。

d0309612_2084437.jpg

三江線 作木口~香淀

by tongpooryk | 2015-11-05 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(6)

黄葉の山々

銀杏の黄色に彩られた山々の裾を縫うように...。
作木口近くの山には銀杏の木が多く、
紅葉のピークよりも少し前に、山々を黄色く彩る。

朝から霧が多かった昨日だが、
昼前の石見川本行きの列車がやって来る頃には、
綺麗な青空が広がった。

d0309612_1195680.jpg

三江線 作木口~香淀

by tongpooryk | 2015-11-04 01:21 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

雨霧立つ宇都井の橋梁

冷たい秋の雨が降り続く宇都井の橋梁へとやって来た、臨時の朱色ディーゼルカー。
少し紅く色付き始めた木々から立ちあがる雨霧とともに...。

d0309612_0481664.jpg

三江線 宇都井~伊賀和志

by tongpooryk | 2015-10-31 00:49 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

夜明け前の街を望む

夜明け前の三次の街を望む。

この時期、霧の海見物で賑わう高谷山の山頂だが、
昨日は朝から快晴にもかかわらず、三次の街に霧はかからず...。

強い風の中、東の空がだんだんと紅くなる中を、
三江線の一番列車が馬洗川を渡って行った。

d0309612_0493959.jpg

三江線 尾関山~三次

by tongpooryk | 2015-10-26 00:52 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

祭の前の

祭が始まる前、まだ竹灯篭にも灯が灯っていない時間に...。

点灯までにはまだ時間があるだろうと、
抜け駆けして、もうすぐやって来る三次行きを迎え撃つため、参道を2人で駆け上がる。
アングルを整え終わったちょうどその頃に...
石見都賀駅へとやって来る列車の音が聞こえた。

撮影を終えると、急いで参道を駆け下り、
フォトトレイン参加者の元へと向かった‘悪い講師2人’である。

d0309612_23281225.jpg

三江線 石見都賀~宇都井

by tongpooryk | 2015-10-21 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

川辺で見送る

吹く風がすっかり心地良くなった秋の川辺で、元気に遊ぶ子たち。

午後の口羽折り返しの列車がやって来ると、それに気付き、
遊ぶのをひと休みして列車を見送り始めた。

夏が少し懐かしくなる中で...。

d0309612_23324082.jpg

三江線 作木口~香淀

by tongpooryk | 2015-10-20 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

神楽の夜に

松尾山八幡宮の神楽の続く中、この日最後の三江線の列車が駆けていった。

昨日に引き続き、17日の‘伝統芸能と光の祭典 竹灯籠と神楽’から。
夜も8時をまわり、少しずつ寒さを感じるようになる中で、
神楽もクライマックスへと進んでいく。

やがて列車が近づく音が聞こえ、線路が明るくなると、
テールランプの紅色を残し、あっという間に列車は走り去って行った。

d0309612_19293054.jpg

三江線 石見都賀~宇都井

by tongpooryk | 2015-10-19 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

竹灯篭の夕べ

黄昏時の蒼い空の中やって来た三江線の単行列車。
竹灯篭の灯が、その幻想的な空の下で暖かくともっている。

今日は午後からの‘三江線フォトトレイン’へ、ボランティア講師として参加してきた。
‘伝統芸能と光の祭典 竹灯籠と神楽’という催しが、石見都賀駅近くの松尾山八幡宮で行われる中、
参道に並べられ竹でできた灯篭が、少し冷えはじめた秋の夕刻にはとても暖かく思えた。

d0309612_1161914.jpg

三江線 石見都賀~宇都井

(追伸)参加された皆様、本日は遅くまでお疲れさまでした。

by tongpooryk | 2015-10-18 01:20 | 三江線 | Trackback | Comments(2)