カテゴリ:三江線( 358 )

かつての川平駅 ~がんばろう三江線

今から15年前の川平駅。
まだ交換設備や構内に跨線橋があった時代。

日帰りで山陰へと旅した私は、
広島へ帰るべく江津から三江線へと乗り換えた。
そして、ここ川平で列車行き違いのため、しばし停車、
その間にホームへ降り立ち...。

この頃は、三江線の沿線から山陰方面への通学が多くあり、
夕刻の江津発に乗ると車内は満員だった。

川平、川戸と少しずつ学生たちは下車していき、石見川本あたりで入れ替わった学生たちを乗せつつ、
県境あたりでようやくゆったりと座れるようになった記憶がある。

その後、三江線沿線の過疎化が少しずつ進行、減便が実施され、駅の交換設備は次々となくなり、
さらに、沿線の高校におけるスクールバスの導入から、安定と思われた通学客さえ大きく減少してしまった。

ローカル線ののんびりとした雰囲気は今でもあまり変わりないように思うが、
15年という歳月は、地方鉄道をとりまく環境を随分と変えてしまった気がする。

d0309612_2253138.jpg


三江線 川平

にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-09-13 22:09 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

後のしばしの ~がんばろう三江線

朝の列車が行った後の川平駅。
ネコがどこからともなくやってきて、毛づくろいを始めた。

今年の春、まだ温かくなりはじめたばかりの頃の、
駅前でのしばしのひととき。

d0309612_18342913.jpg


三江線 川平

にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-09-12 18:35 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

簗瀬の大きな桜の木 ~がんばろう三江線

三江線の浜原から北へ3つ目の駅、石見簗瀬。

この駅を含め、浜原から石見川本までは、
今年7月の雨で運休となり、いったんは運転を再開、
しかし、また先月の豪雨で再び列車が走らなくなった区間である。

堤に守られるように線路、駅、そして集落がある簗瀬。
駅の近くの線路沿いには大きな桜の木、
そして、今は使われなくなった小学校の校庭にも綺麗な桜並木があり、
毎年春になると、その満開を楽しみに、私はこの駅へと出かけている。

d0309612_23515927.jpg


三江線 石見簗瀬

にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-09-12 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

因原の駅舎で ~がんばろう三江線

三江線因原駅を通過する‘三江線運転SAI KAI号’(2007年7月)。

駅に掛けられた横断幕から、沿線の方々の喜びが伺えた。

この度の災害でコンクリート橋脚が流された井原川橋梁のすぐ側にある因原駅。
この日は臨時列車の運転ということもあり、鉄橋近くがかなりのカメラマンで賑わっていた。

大勢での撮影を好まない私は、この因原駅でひとり静かに、目当ての列車を見送った。

現在も止まったままの三江線 江津~浜原。

この駅へ再び列車が来ることを、切に願って...。

d0309612_22184159.jpg


三江線 因原

にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-09-11 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

三江線運転SAI KAI号 ~がんばろう三江線

2007年7月、三江線の全線運転再開を記念して運転された‘三江線運転SAI KAI号’。

この前年(2006年)7月の豪雨により、三江線は全線にわたって運休、
年末には浜原以南が部分復旧したものの、全線の復旧までには約1年がかかった。

この度も奇跡の復活となるだろうか、いや、奇跡の復活を信じたい。

d0309612_21172557.jpg


山陰本線 浜田

にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-09-10 21:18 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

沈む夕陽に ~がんばろう三江線

江の川へと沈みゆく夕陽。日没の方向からやってくる三江線の列車。

沈む前の西日は強さを増し、川面をギラギラと輝かせる。
一日の終わりを惜しむというより、最後までその存在感を示しているかのよう。

川の流れは、過ぎると災害を引き起こすまでに荒れ、恐ろしいばかりだが、
こうして日没前のゆったりとした流れを眺めていると、
撮影にはやる気持ちが、次第に落ち着いてくるから不思議だ。

d0309612_2125221.jpg


三江線 口羽~江平

(追伸)三江線の全線復旧を今日も祈りつつ...。

にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-09-10 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

霧の中の早春 ~がんばろう三江線

朝の江の川沿い、三江線沿線は‘霧’の印象がある。

晩秋の紅葉シーズンが特にそうだが、
春先の晴れ予報の日にも、早朝はまだ霧の中ということが多く、
朝の強い光が射す新緑の鮮やかな色を目当てに出かけても、
叶わぬことしばしば。

先日の豪雨で流された因原の鉄橋(井原川橋梁)のすぐ北側、鹿賀駅近くのこの場所もしかり。
霧が抜けて朝日が射す一瞬を...という、少し贅沢な状態を狙って通い、
ようやく叶った時のもの。

d0309612_20541594.jpg


三江線 石見川越~鹿賀

(追記)
一日も早い三江線の全線運転再開を祈りつつ...。


にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-09-06 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

早咲きの ~がんばろう三江線

復旧が待たれる三江線の浜原以北。

浜原のすぐ隣にある粕淵の駅には桜並木があり、
春になると駅を覆うように咲くソメイヨシノがとても麗らか。

この桜は、ソメイヨシノがまだ蕾の頃に咲く、
早咲きの桜。
梅を伺いに沿線へ行った今年の春、
幸運にもその満開の姿を拝むことができた。

d0309612_2343059.jpg


三江線 粕淵

にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-09-04 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

一部運転再開 ~がんばろう三江線

不通が続いていた三江線のうち、南側の浜原~三次が今日(9月1日)から運転を再開した。

少しずつでも復旧へと向かっているのは嬉しいかぎりだが、
流出した因原の井原川橋梁が復旧するまでには、やはり相当の時間を要すると思われ、
北線(浜原~江津)を含めた全線の運転再開までには、まだまだ時間がかかりそう。

私なりに、こうして応援を続けていきたいと思う。

写真はもう10年も前、
沿線で10月10日に行われたゲートボール大会での乗客増に合わせた定期列車の代行で、
当時まだ鳥取に配置されていた急行型キハ58系が2両で三江線へやってきた時のもの。

当時はまだ邑智高校が粕淵にあり、朝の浜原行き上り列車も学生で賑わっていた。

d0309612_2037542.jpg


三江線 浜原

by tongpooryk | 2013-09-01 20:45 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

春の霧に包まれて ~がんばろう三江線

因原の鉄橋(井原川橋梁のことを私はこう呼ぶ)の少し北側、
桜江町鹿賀の集落。

朝から晴れ予報だったGW前のこの日も、
始発列車が来るまで、あたりは濃い霧に包まれていた。

やがて霧の切れ間から朝日が射しこむとともに、
感じていた肌寒さも少しずつ和らいできた。

ここ鹿賀駅のあるあたりは、春から夏にかけてよく撮影に通う場所である。

d0309612_2357214.jpg


三江線 鹿賀~因原

by tongpooryk | 2013-08-29 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)