カテゴリ:三江線( 493 )

春が来た

三江線の沿線にもついに春が来た。

桜が咲き、木々が芽吹き始めるこの時期は、
1年でいちばん楽しみな季節である。

d0309612_040239.jpg

三江線 千金~川平

by tongpooryk | 2016-04-03 00:42 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

花桃の木を

雨の日の夕刻、下り列車を沢谷で待つ。

暖かい雨に濡れた花桃の赤は、よりしっとりとして麗らかで...。

d0309612_21355396.jpg

三江線 浜原~沢谷

by tongpooryk | 2016-03-29 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

駅のそばにある

伊賀和志駅の側にある梅が満開になった。

前に伊賀和志へ行ったのは、1か月前の雪の日。
列車が立ち往生して、その運転再開をこの駅で待っていた。

季節は移ろい、この駅もすっかり春の装いへと変わりつつある。

その静けさは相変わらずなのだが...。

d0309612_010146.jpg

三江線 伊賀和志

by tongpooryk | 2016-03-26 00:10 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

モクレンが咲き始めた

このところ暖かい日が続いたせいか、
桜よりもひと足早く、モクレンが咲き始めた。

梅とともに、白いこの花が咲いているのを見ると、
春がやってきたことを感じる。

また昨日から寒さが戻っており、三寒四温はしばらく続きそうではあるのだが...。

d0309612_0432876.jpg

三江線 粕淵~浜原

by tongpooryk | 2016-03-25 00:46 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

鉄橋と梅林と

名所、宇都井の橋梁近くにある梅林。
今まさに花が満開で、見頃を迎えている。

梅の花の美しさと、漂う上品な香りを楽しみながら...。

d0309612_0284595.jpg

三江線 宇都井~伊賀和志

by tongpooryk | 2016-03-24 00:38 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

白く彩られた

朝からの雪で白く彩られた作木口駅へと、
三次行きの2番列車がやってきた。

そろそろ雪景色も終わりゆく時期だが、
雪の少なかった今年は、なんだか少し名残惜しい。

d0309612_0404889.jpg

三江線 作木口

by tongpooryk | 2016-03-12 00:41 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

雪になった朝に

また冬らしい寒さが戻ってきた。

週間予報では今朝、雪が降る予報になっていたが、
またいつの間にやら、その予報は消えている。

なんだか今年の冬の気候を象徴してるような...。
今年は雪の日が少ないまま、冬が終わってしまうようだ。
暖かく、過ごしやすい冬ではあったのだが...。

d0309612_022181.jpg

三江線 口羽~江平

(追記)
今日で東日本大震災から5年が経つ。
そういえばあの日も金曜日だった。
午後にこの世の出来事とは思えないショッキングな映像やニュースを見ながら、
気持ちが沈みこんで迎えた週末がついこないだのことのよう。
震災で犠牲となられた方々へ、改めてご冥福をお祈りするとともに、
あの日の出来事をしっかり胸に刻みつつ、これからも...。

by tongpooryk | 2016-03-11 00:10 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

また寒くなり

暖かくなっていたこのところだったが、
また昨日から冬に逆戻りしたかのような寒さに。

週末にかけて雪の予報も出ており...。

毎年のことながら、体調を崩さないように気を付けたいところだ。

d0309612_0241092.jpg

三江線 石見都賀~宇都井

by tongpooryk | 2016-03-10 00:25 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

梅の林で

石見簗瀬の梅林を抜けてやって来た、午後の浜原行ディーゼルカー。

ここ数日暖かく、確実に春が近づいているのを感じる。
また来週から寒さが戻るとは言うが、いよいよ梅の香り漂う季節になった。

ここの梅の林へ行くのを毎年楽しみにしていた私だが、
先日ここを通りがかると、木がすべて伐採されてしまっており...
残念ながら、風景が一変してしまっていた。

d0309612_23165382.jpg

三江線 石見簗瀬

by tongpooryk | 2016-03-06 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(4)

ふわふわと

雪が降り積もった田の側を駆け抜けてゆく単行ディーゼルカー。
東の空から、ようやく陽が出始めた。

ここは、私が三江線へと向かう際に、必ず通る場所。
というか、道なりに三江線を目指すと、まずこの場所に出てくるという、そんな場所。

始発列車が来る前にはここに到着している訳だが、日の短い冬はまだ闇の中。
踏切を照らす灯りだけが、線路の存在を知らせてくれるのだが...。

d0309612_0255855.jpg

三江線 式敷~信木

by tongpooryk | 2016-03-05 00:26 | 三江線 | Trackback | Comments(0)