カテゴリ:三江線( 407 )

覗く

鼻ぐり石から覗き見る江津本町そして三江線。

江戸時代に海運で栄えた江津本町には、
船で運ばれてきた荷を受け、それを運ぶための牛や馬をつなぎ留めておくための‘鼻ぐり石’が残る。
その石の中から覗いてみると...。

d0309612_00191752.jpg

三江線 江津~江津本町


by tongpooryk | 2017-07-31 00:19 | 三江線 | Trackback | Comments(4)

百日紅の季節

百日紅の咲く季節。
今年は少し早い気がするのは気のせいか。
いつになく季節の巡りが早く感じる。

d0309612_01235195.jpg

三江線 川平~川戸


by tongpooryk | 2017-07-30 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

青田の交換駅

青田の季節、夕方の交換駅で...。

冬には夜になる時間も、夏は昼間。
蒸し暑い夕方で上下の列車が行き違う。
もうすぐ、青い稲から穂が出てくる季節になる。

d0309612_23332856.jpg

三江線 口羽




by tongpooryk | 2017-07-27 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

夏雲のわく季節

夏雲がわいてくる季節になった。
とはいえ、夏本番になるのは、この週末ぐらいからになりそうだ。

真夏の雨といえば夕立の激しい雨を連想するのだが、
激し過ぎる雨が毎年のように災害をもたらしている近年では、
雨を降らせる夏雲も、なんだかあまりありがたくないようにも思えてくる。

これ以上、雨災害がおきませんように...。

d0309612_22083534.jpg

三江線 石見都賀





by tongpooryk | 2017-07-25 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

山裾を縫って

江の川に寄り添いながら、山裾を縫うように...。
山々の色もすっかり濃くなり、いよいよ夏も本番になっていく。
というか、先日梅雨明けが発表されたばかりだが、もうしばらく暑い日が続いている印象。
昨日も1日とても暑かった。

d0309612_23151234.jpg

三江線 口羽~江平


by tongpooryk | 2017-07-22 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

梅雨明けへと

まだ発表されない今年の梅雨明けだが、
週間天気で晴れ予報が並び始めたことから察するに、梅雨明けはもはや時間の問題。
雨が続くのは嫌だが、昨日のように暑い日が続くのも...。

d0309612_00295014.jpg

三江線 千金~川平


by tongpooryk | 2017-07-17 00:30 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

紫陽花の小道で

線路際の紫陽花、鮮やかに。

私の好きな青い色のその花には、夕立の雨粒。
晴れ続きでしおれかかっていた花は、
ひとときの雨で潤い、そして生きかえったかのごとく...。

d0309612_22351778.jpg

三江線 田津~石見川越


by tongpooryk | 2017-07-11 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

もうすぐ夏休み

まだ梅雨が明けぬ中、夏空が恋しいこの頃。
もう来週末は海の日を含む3連休になる。
週間天気予報では、まだしばらくはぐずついた天気が続きそうで、
夏本番とはいかないようだが...。

d0309612_22220645.jpg

三江線 作木口~香淀


by tongpooryk | 2017-07-10 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

緑深い川辺で

すっかり緑が深くなった山々を背に、
穏やかな川辺をゆっくりと進んでゆく午前最後の列車。
まだしばらく雨は続きそうだが、もう降り過ぎないことを祈るばかりだが...。

d0309612_21283253.jpg

三江線 作木口~香淀





by tongpooryk | 2017-07-09 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

雨霧たなびく

雨霧がたなびく中、春に賑わった場所から潮駅を遠望する。
夕刻の、しかも雨が降り始めた中、誰が来る訳もなく、
すっかり静かな高台で。
遠くから見える列車の灯りと、駆けて来る列車の音に、
不思議な安心感を覚えながら...。

d0309612_00591604.jpg

三江線 潮



by tongpooryk | 2017-07-08 01:00 | 三江線 | Trackback | Comments(0)