カテゴリ:三江線( 379 )

梅雨空の候

これは昨年の今頃の写真。
まさに梅雨前線活発な中、雨が降り始めた夕刻。
爽やかな晴れが続くのは嬉しいのだが、梅雨入り後も雨がほとんど降らないのは不安になる。

d0309612_21545361.jpg

三江線 石見都賀~宇都井



by tongpooryk | 2017-06-16 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

軒をかすめて

家の軒をかすめるように、
トンネルとトンネルの間のまっすぐを、
一気に駆け抜けていく...。
青空の広がった朝に。

d0309612_21500196.jpg

三江線 石見都賀~宇都井



by tongpooryk | 2017-06-14 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

朝少し冷える中

少し肌寒さを感じる早朝。
初夏とはいえ、日が昇るまではまだ春先の雰囲気。
昼が近づくにつれ、半袖でも暑いくらいになる訳だが。

d0309612_20084425.jpg

三江線 作木口~香淀



by tongpooryk | 2017-06-09 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

午後の小駅で

暑くなってきた午後。
だが、ここ鹿賀駅付近は風が強く吹いていて、
列車を待っている間も、少しは心地よく...。

d0309612_23182757.jpg

三江線 鹿賀



by tongpooryk | 2017-06-06 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

植え揃った

植え揃った棚田の中を駆けてゆく...。

宇都井からやってくる列車を一望できるこのあたりは、
線路は緩やかな直線。新線区間で路盤がしっかりしていることもあり、
列車は高速で駆け抜けていく...。
のんびりした雰囲気の三江線の中でも、少し違った雰囲気を感じることができる場所である。

d0309612_17064736.jpg

三江線 石見都賀~宇都井


by tongpooryk | 2017-06-05 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

山の裾を縫うように

江の川の流れの間で、
山裾を縫うように線路は続いていく...。
清々しかった朝が嘘のように暑くなる中、
ゆっくりと進んできた午前最後の上り列車。

d0309612_21394436.jpg

三江線 信木~所木



by tongpooryk | 2017-06-04 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

暑い初夏の昼下がり

暑い初夏の昼下がり。
陽炎もたつ石見簗瀬駅。
今年の夏は猛暑になると言われているが、まだ初夏なのにこの暑さというのは...。

d0309612_21045734.jpg

三江線 石見簗瀬


by tongpooryk | 2017-06-03 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

朝陽が昇って

眩しい朝陽の中を、一番列車が駆けてゆく。
寺の鐘が鳴り響く中で...。

d0309612_01172393.jpg

三江線 沢谷~潮


by tongpooryk | 2017-06-01 01:18 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

植えられたばかりの

まだ植えられたばかりの稲が並ぶ、式敷の朝に。
青空が広がり、朝もやが取れつつある中を、
始発の三次行が入って来た。

d0309612_00120328.jpg

三江線 式敷


by tongpooryk | 2017-05-31 00:12 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

田植え後の

田植え後の草摘みが進む中で...。

霧に包まれた朝、早くから一人で田んぼに入っている方の話を聞く。
なんでも、稲と稲の間に出てくる草を摘み取っているとのことで、
除草剤を使っても効果はなく、こうして1つ1つ手で行わざるを得ないとか。

「やってみる?」という言葉に、悪いなと思いながらも、撮影のお礼を言う。
「よく撮れた?」と言われて、とっさに「モデルが良いですから。」と応えたことに少し反省しつつ、その場を立ち去った。

d0309612_22290160.jpg

三江線 石見都賀~宇都井




by tongpooryk | 2017-05-30 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)