カテゴリ:木次線( 199 )

朝露に濡れた

朝露に濡れた稲穂の側を...。
昼前にかけて少しずつ気温が上がり、
朝の清々しさが薄れてきた頃。
まだ水気を帯びたままの稲に潤いをもらいながら、
朱色ディーゼルカーを待った。

d0309612_23410859.jpg
木次線 八川~出雲坂根

by tongpooryk | 2016-09-27 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

高原の青空を見上げて

木次線でいちばん標高が高い三井野原。
ここで見上げた空は、まだ夏の名残りはあるものの、
いつになく高く感じる澄んだ青さ。
季節は確実に、次の季節へと向かっているようだ。

d0309612_00331978.jpg
木次線 三井野原


by tongpooryk | 2016-09-26 00:34 | 木次線 | Trackback | Comments(2)

赤い蕎麦の咲く

赤い蕎麦花が咲く峠道を上っていく...。
あまりに定番で、いつもは敬遠しがちなこの場所だが、
赤い蕎麦がちらっと見えて、思わず車を停めた。

いつも思うことだが、同じ場所同じ季節でも、
また新たな発見があるから、やはり‘通い’はやめられない。

d0309612_09114172.jpg
木次線 三井野原~油木



by tongpooryk | 2016-09-25 09:13 | 木次線 | Trackback | Comments(4)

秋空のもとを

秋空のもと、峠から下りてきた木次線の単行ディーゼルカー。

収穫を控えた田んぼの中を、‘タタンタタン’と駆け抜けてゆく...。

d0309612_21572919.jpg
木次線 油木~備後落合

by tongpooryk | 2016-09-24 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(2)

黄金色の収穫

黄金色に実った稲の収穫作業が続く。
天気予報が快方に向かうこの週末。
今年の収穫作業もいよいよ終盤になっていく...。

d0309612_00193347.jpg
木次線 亀嵩~出雲横田

by tongpooryk | 2016-09-23 00:20 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

蕎麦花の路

雪の季節の定番撮影地にも、一面の白い蕎麦花が咲いていた。

ここの花は今まさにピークで、

天気が刻々と下り坂へと向かう灰色の空のもと、線路際の白い彩りにほっとしつつ

d0309612_16300429.jpg

木次線 八川~出雲坂根

by tongpooryk | 2016-09-19 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(6)

蕎麦花の香り

蕎麦花の香り漂う峠道で

先日、‘奥出雲おろち号’に乗車していると、外から蕎麦蜜の香りがして、

今年もここに蕎麦の花が咲いているのを知った。

それから1週間が経ち、花のピークは少し過ぎていたものの

漂う甘い香りを楽しみながら、峠から下りてくる列車を待った。

d0309612_15570227.jpg

木次線 三井野原~油木

by tongpooryk | 2016-09-18 15:59 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

進め!

三井野原へのループ線を少しずつ上っていく‘奥出雲おろち号’。

訳あって、久しぶりに乗車することになった。
まだまだ蒸し暑さが残る高原だったが、
明け放たれた窓からの風を受けて進んでいく列車の中はとても爽快。

なかなかのんびりとはいかなかったが...。

d0309612_00273447.jpg

木次線 出雲坂根~三井野原


by tongpooryk | 2016-09-12 00:28 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

秋の高い空を

秋の高い空を仰ぎながら、爽やかな風を感じながら...。

ようやくの週末晴れ予報を楽しみに。

d0309612_00143155.jpg
木次線 下久野~出雲八代

by tongpooryk | 2016-09-09 00:15 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

実りの季節

少し早い実りの季節を迎えた木次線沿線。
これは2週間前の写真なので、ここはもう収穫が済んでいるはず。
新米が楽しみになる季節である。


d0309612_00422914.jpg
木次線 出雲大東~南大東


by tongpooryk | 2016-09-01 00:44 | 木次線 | Trackback | Comments(0)