カテゴリ:芸備線( 501 )

ラッセルの朝に

ラッセル列車が走った朝。
備後落合の冬の1日の始まり。

今年は早々と長い運休となった木次線。
運転は既に再開されているが、
なかなか雪の日にタイミングよく撮影に出かけられなかった私は、
今年はラッセル列車を1度も見ることなくこの冬を終えそうだ。

d0309612_00213831.jpg

木次線 備後落合


by tongpooryk | 2017-03-19 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)

雪が止んだひととき

未明から降り続いた雪が止んだひととき。
晴れ始めた中、朝の三次行を遠望して...。

d0309612_00150750.jpg

芸備線 備後落合~比婆山


by tongpooryk | 2017-03-18 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

雪の路

うっすらと積もった雪を、
掻いてできた路がホームに向かって続いていく...。
始発列車の前の朝の支度に、
近所の方の暖かさを感じた朝。

d0309612_23431492.jpg

芸備線 神杉


by tongpooryk | 2017-03-17 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

柔らかな雪が

柔らかな雪がうっすらと積もった朝。

すっかり暖かくなった気がするこの頃だが、
また今週の半ばごろには寒の戻りがあるようだ。
今のところ、県北部に雪の予報が出てはいるが...。

d0309612_22332598.jpg

芸備線 内名~小奴可


by tongpooryk | 2017-03-13 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)

駅が起きるとき

雪の日の始発前、備後落合駅のホームで。

大雪の影響から、運休が続く芸備線備後庄原以東だが、
予定どおり、週明けからの運転再開となればよいが...。

d0309612_00270725.jpg

芸備線 備後落合


by tongpooryk | 2017-02-19 00:27 | 芸備線 | Trackback | Comments(2)

目覚め前

芸備線と木次線が分かれる備後落合駅。
まだ目覚めぬジャンクションに佇む1両のディーゼルカー。
エンジンの音がしない静かな中、雪は深々と降り続く...。

d0309612_20081098.jpg

芸備線 備後落合


by tongpooryk | 2017-02-08 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

降り続く白い朝に

朝になってから本格的に降り始めたこの日の雪。
はじめは着雪がなかった山の樹々が、
あっという間に白く染まっていく...。
そんな中、芸備線の2番列車はいつもどおり。
ゆっくりだが、定刻どおりに、白い山裾を通り過ぎていった。

d0309612_23092524.jpg

芸備線 備後落合~比婆山




by tongpooryk | 2017-01-29 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

雪払い

早朝の備後落合。
新見からの列車がやって来るのを待ちながら、
三次行の始発列車をしばし眺めて過ごす。
と、その時、列車までの路を箒で払う運転手の姿が。
無人になって久しいこのジャンクションだが、
変わらずこの駅を支える人がいるのは、本当に頼もしい。

d0309612_22165999.jpg

芸備線 備後落合


by tongpooryk | 2017-01-27 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

雪のジャンクションで

冷えた朝早く、雪のジャンクションで。
停泊していたディーゼルカーのエンジンに火が入り、
三次への発車準備を終えた頃、
再び雪が降り始めた。
もうすぐ、新見からの始発列車がやって来る。

d0309612_23550643.jpg

芸備線 備後落合



by tongpooryk | 2017-01-26 00:01 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)

蒼い街へと注ぐ

まだ蒼い時間に、雪の西城の町並みへと注ぐ列車の灯。

この時はさほどでもなかった雪は、その後少しずつ強さを増してゆく。
やがて視界を遮るまでに降りゆくとは...。

d0309612_00460600.jpg

芸備線 備後西城~平子


by tongpooryk | 2017-01-25 00:48 | 芸備線 | Trackback | Comments(0)