カテゴリ:一畑電車( 68 )

3000系、引退のとき

一畑電車3000系が、この1月22日をもって引退する。
元南海電車21000系として昭和30年代に生まれたおなじみの名車は、
勾配区間に強く、平坦区間ではスピードが出せるという特性から、‘ズームカー’と呼ばれて親しまれた。

私的には、そんなことよりも、
かつての国鉄80系電車をほうふつとさせる、正面2枚窓の顔がなんとも魅力的だった。

d0309612_22242982.jpg

一畑電車 川跡


by tongpooryk | 2017-01-08 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(2)

夕刻の集い

夕刻の川跡駅で集う、3つの電車たち。
やがてそれぞれ3方向へと分かれていく...。
新型7000系の登場により、今年度中の引退が予定されている3000系。
写真向かって右の3007は既になく、残る3000系は左側の3006。
高度成長期に隆盛を極めた正面2枚窓マスクの元南海電車も、いよいよその最後の日が近づいてきた。

d0309612_20053277.jpg

一畑電車 川跡


by tongpooryk | 2016-10-26 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

水を湛えた田の中で

水を湛えた田の向こうを、‘一畑色’の電車が駆けてゆく。

少し遅い田植えを待ちながら、しばし潤いを感じながら...。

d0309612_2344179.jpg

一畑電車 雲州平田~布崎

by tongpooryk | 2016-05-31 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

初夏の朝に

初夏の朝、梅雨入り前の日差しの中で、
一畑口の2番ホームへと電車が入る。

通学電車の時間帯、ひとり、またひとり、
電車の待つホームへと...。

田植えが終わった、土の匂いの中で。

d0309612_23384580.jpg

一畑電車 一畑口

by tongpooryk | 2016-05-26 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

梅の香り漂う

梅の香り漂う湖畔をゆく一畑電車2100系。

昨年のちょうど今頃、
春一番というより、春の嵐のような風が吹く日に訪問した一畑電車。
今年もなんだか不安定な気候のこの頃だが、
確実に春へと向かっているのを感じるこの頃である。

ところで、梅花の色には、やはりアイボリーに赤、
この京王カラーの電車が似合うと思うのは、きっと私だけではないはず。

d0309612_023218.jpg

一畑電車北松江線 一畑口~伊予灘

by tongpooryk | 2016-03-15 00:04 | 一畑電車 | Trackback | Comments(2)

吹きすさぶ風の中

吹きすさぶ強風の中、時々吹雪になりながら...。
冬の出雲平野はひときわ風が強い。
かつてから平野を吹く強い風を避けるため、家を囲うように築地松が並べられた。
今日のように風が強い日には、出雲の冬を思い出す。

d0309612_23524823.jpg

一畑電車北松江線 雲州平田~布崎

by tongpooryk | 2015-12-04 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

庫に佇む

今年2月に引退した南海色の一畑電車3000系。
残る3000系2編成のうち、1編成の今年度中の引退が発表されているが、
来月7日には、それら全てを繋げた4両編成での記念運転が予定されている。

d0309612_125276.jpg

一畑電車北松江線 雲州平田

by tongpooryk | 2015-10-24 01:26 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

斜光線の中で

秋の夕刻の川跡駅。
斜光線の中での顔合わせ。

元南海電車、元京王電車が、それぞれの色を纏って第2の人生を送っている一畑電車だが、
こうして、それらの名車が1つの駅に集まって来る瞬間を自然に見ることができるのって、
本当に贅沢なことだなぁと、つくづく思う。

また‘ばたでん’へ行きたくなった。

d0309612_23473014.jpg

一畑電車 川跡

by tongpooryk | 2015-10-16 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(0)

コスモスの咲く

コスモスの咲く路を、‘一畑色’の電車が駆けてゆく...。

これは、元京王電鉄5000系の一畑2100系だが、
そのカラーリングは、クリームイエローにブルーのラインが施された、
元祖一畑のもの。
京王のオリジナルカラーの電車の方が何かと話題になるのだが、
私は、落ち着いた雰囲気で、子供の頃に初めてばたでんを見た時の色である、
この色が一番好きでらる。

あいにくの曇り基調な3連休、諸事情により沿線へは行けなくなってしまったが...。

d0309612_10375936.jpg

一畑電車北松江線 雲州平田~布﨑

by tongpooryk | 2015-10-12 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(2)

発車時刻少し前

発車時刻まで、あともうすぐ。
出雲大社前のホームに佇む3006。

今年の2月に、2編成の4両が廃車となった元南海電車の3000系だが、
残りの2編成のうちの1つも、今年度中に引退する予定とのこと。

正面の2枚窓と丸みを帯びた顔がなんとも昭和風で、とっても愛嬌のある3000系だったが、
間もなく見納めになってしまうようで...。

d0309612_22581383.jpg

一畑電車大社線 出雲大社前

by tongpooryk | 2015-10-11 00:01 | 一畑電車 | Trackback | Comments(2)