残光の中で

ようやく晴れ始めた夕刻。
太陽が山へと隠れてしまう前、少し赤味がかった光が梅の花へと注いだ。
長かった今年の梅の季節だが、そろそろ終わりが近づいてきた。

d0309612_23391152.jpg

三江線 石見簗瀬~明塚


by tongpooryk | 2017-03-29 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/24028721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぼんご太郎 at 2017-03-29 13:31 x
地元を知り尽された新鮮なアングルで撮影された
お写真、大変感動いたしました。
遅ればせながら三江線廃止ニュース後、
わたしもなんどか
訪問しました、江の川沿いを縫うようにのんびり
走る車両を追っかけたり、
駅に設置された神楽名板を尋ねたり
地元の方とたのしくおしゃべりしたりお土産買ったりと
過疎化が進む県北地域、三江線廃止で賑わっては
いますが、一過性に終わらないように鉄道遺産を
何か活性化に活かせないものか?といつも感じてます

Commented by tongpooryk at 2017-03-30 01:09
> ぼんご太郎 さん
はじめまして。この度はご訪問いただきありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

三江線、廃止の話が出てから随分とお客が増えるようになりました。
そのことで、沿線がお祭り騒ぎになっている感があるので、少し心配になります。
今の賑わいは、廃止を惜しむ観光客が作り出している訳で、廃止以降も継続するものではありませんから。
逆に、三江線廃止が何かのきっかけになれば良いのですが...。