開業当初から

江津駅のレトロな跨線橋を渡り、3番ホーム傍の柱をよく見ると、
そこには'明治四十五年'の刻印。
開業当初からここに立っているのだろうか。
江津駅の開業は大正9年なので、どこからかここへ持ってきたのだろうか。
いくつもの列車の傍らで、ここから旅立つ人、ここへと帰って来る人を見てきたであろうその柱を眺めながら、
いにしえへの、いろんな想像を膨らませながら...。

d0309612_00072668.jpg
三江線 江津

by tongpooryk | 2016-11-23 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/23632550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。