帳前の輝き

夕焼け空が分厚い雲に覆われてきた夕刻。
そのまま一気に夜の帳が降り始めた。
しばらくすると、トンネルから列車のヘッドライトが見え始め...。

d0309612_00335630.jpg

三江線 伊賀和志~口羽


by tongpooryk | 2016-10-24 00:34 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/23571274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。