おぼろ月夜に

気持ち良い秋晴れから少しずつ曇り空へと変わりつつあった夕刻。
夜になり、また少しずつ雲が切れはじめ、やがて月が顔を出し始めた。
神楽の音が聞こえてくる中で、ぼんやりと浮かび上がった月を仰ぎながら...。

d0309612_00521702.jpg

三江線 石見都賀



by tongpooryk | 2016-10-17 00:52 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/23556895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 稲継泰朗 at 2016-10-18 05:34 x
この数日間、満月は、美しかったですね!!
Commented by tongpooryk at 2016-10-18 22:39
>稲継さん
こんばんは。
厳密にいうと、この日は満月の少し前。
雲の間からなんとか拝むことができました。