古い街並みの中を

昔ながらの街並みが残る江津本町。

午後一番の下り列車が行った後、次の上りが来るまでのしばしの間、
ここの街並みを眺めながら歩いて過ごした。

メインストリートの道端に残るこの石は、‘鼻ぐり石’と言い、
その昔、牛と馬を停めておくのに使っていたものとのこと。

2時間ぶりにやって来た三江線とともに...。

d0309612_22393350.jpg

三江線 江津~江津本町

by tongpooryk | 2016-08-15 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/23395929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 俊さま at 2016-08-15 22:20 x
こんばんは。
江津本町周辺は行ってみたいと思いつつ、行けておりません。
風情のある町並みですね。
Commented by マイオ at 2016-08-15 23:22 x
もしかして・・・これは江津本町駅の手前に架かる
集落を跨いでいる鉄道橋でしょうか?
江の川の反対側から見るとこうなっているのか・・・
40ウン年経って、初めて知りました。
Commented by tongpooryk at 2016-08-16 00:08
>俊さま
こんばんは。
江津本町の街並みは本当にいいですよね。
今回の撮影前、暑い中を数時間ぶらついておりましたが、まだまだ発見がありそうです。
またぜひ行ってみてくださいませ。
Commented by tongpooryk at 2016-08-16 00:17
>マイオさん
こんばんは。
そうです。ここは江津本町の少し江津側です。トンネルの手前ですね。
近年、灰色に塗りかえられつつある西日本各地の鉄橋ですが、
ここは景観に配慮してか、朱色が維持(現在、塗装されたばかりで、とても色が綺麗な状態です。)されています。
集落側からの俯瞰撮影もできますので、また機会ありましたらお出でくださいませ。