新緑の山々へと

新緑に彩られた山々をくぐりぬけて、
ループ線を登ってゆく単行ディーゼルカー。
この峠道にも、ようやく萌の季節がやってきた。

今年の新緑もいよいよ最終章。
この春は一気にやって来て、
そして駆け足の如く過ぎ去っていくようで、
なんだか、季節が一気に初夏へと移っていくような、そんな雰囲気。

d0309612_22394748.jpg

木次線 出雲坂根~三井野原

by tongpooryk | 2016-05-08 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/23126241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 俊さま at 2016-05-08 23:47 x
こんばんは。
これはまた迫力ある俯瞰撮影ですね。
Commented by tongpooryk at 2016-05-09 01:22
>俊さま
こんばんは。
これは、国道314号線の三井野大橋からですが、木次線ではすっかりお馴染みの場所です。
スイッチバックした列車が、ゆっくりとループ線へと登っていく様子を見ることができます。
Commented by hepp at 2016-05-28 01:08 x
こんばんは!
こちらではご無沙汰してます。

オバマさんの歴史的な広島訪問、今日の広島は、凄かったと思います。
山岡山さまのおかげで広島が身近な話題に感じるようになりました。

さて、深緑の木次線、見事な萌え山ですね。
多彩な緑色が美しい。

ここは以前、ラッセルの時、チラッと下見したところでしょうか。
もう、あれから何年も経ってますが、またお邪魔したいと思ってます(木次線が冬眠しなければ・・・ですが)。
Commented by tongpooryk at 2016-05-29 20:31
>heppさん
こんばんは。ご返事遅くなりました。
ここは国道314の橋からの眺めで、四季を通じて撮影してますが、やはり新緑の時期が一番ですね。
確かに、以前、冬にラッセルへご案内した際にもここを通りつつ、眺めを確認したかと思います。

あれから、木次線は毎冬のように運休するようになってしまいましたね。とにかく運休しないようにラッセル車を走らせていたであろうあの頃が懐かしいです。
またこちらへもいらしてくださいね。