朝陽がそそぐ

三江線の一番列車を求めて、江の川の河口近くへと車を走らせる。

もうすぐ始発列車が来る時間。

少しずつ赤味を帯びてきた東の空から、朝陽がそそぎ始め...。
芽吹き始めた木々と、始発列車を明るく照らし出した。

d0309612_910173.jpg

三江線 千金~川平

by tongpooryk | 2016-04-24 09:10 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/23090764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みなみかぜ at 2016-04-24 20:46 x
こんばんは。
朝の光は格別ですね。
新緑を照らす柔らかな春陽と光るボディとてもいい感じですね♪
やっぱり早起きは格別な光景を見せてくれますね。

木次線に行ってみました。オロチループあたりは、
萌えにはまだ一週間くらいかかりそうでした。
坂根駅の桜は今が満開でした。
Commented by tongpooryk at 2016-04-25 08:00
>みなみかぜ さん
おはようございます。
そうですね。始発列車はいろんな意味で重要です。(笑)
この日も、どこで撮るか模索しながらも、やはり外せないと思い、早起きして出掛けました。

木次線の新緑、やはりまだもう少しなんですね。
しかし、坂根の八重桜もそのようですが、今年の八重桜の早さは恐ろしいものがあります。どこも平年より2週間早い見頃になってまして…。三江線の沿線の八重桜は、この週末までに完全に散ってしまっておりました。