ふわふわと

雪が降り積もった田の側を駆け抜けてゆく単行ディーゼルカー。
東の空から、ようやく陽が出始めた。

ここは、私が三江線へと向かう際に、必ず通る場所。
というか、道なりに三江線を目指すと、まずこの場所に出てくるという、そんな場所。

始発列車が来る前にはここに到着している訳だが、日の短い冬はまだ闇の中。
踏切を照らす灯りだけが、線路の存在を知らせてくれるのだが...。

d0309612_0255855.jpg

三江線 式敷~信木

by tongpooryk | 2016-03-05 00:26 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/22947856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。